「百鬼夜行シリーズ」3ヵ月連続刊行記念対談 京極夏彦×坂野公一 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 本、ゲーム、アニメ

「百鬼夜行シリーズ」3ヵ月連続刊行記念対談 京極夏彦×坂野公一

『今昔百鬼拾遺 鬼』刊行記念 三社横断京極夏彦新刊祭り「三京祭」第二弾

2019/4/20(土) 14:00~2019/4/20(土) 17:00

東京ミッドタウン日比谷 8FカンファレンスROOM1・2

  • 「百鬼夜行シリーズ」3ヵ月連続刊行記念対談 京極夏彦×坂野公一 イベント画像1





人気作『絡新婦の理』に登場した呉美由紀と、京極堂の妹・中禅寺敦子が、怪異と見えた事件を解き明かす新シリーズ「今昔百鬼拾遺」の3ヵ月連続刊行記念対談。著者・京極夏彦さんと、京極作品の装幀を手がける坂野公一さんが、新シリーズ誕生の経緯のウラ話や読みどころなどを語り尽くします。

 <イベント概要>

4月20()

時間:14:0017:00

開場:13:30

場所:東京ミッドタウン日比谷 カンファレンスROOM1+2

参加費:4320

入場:PassMarketの受付番号にかかわらず、当日開場時の受付順となります。
※当日は講談社タイガ「今昔百鬼拾遺 鬼」「特装版 鉄鼠の檻」のサイン本販売があります。


 <出演者>

京極夏彦(きょうごく・なつひこ)

1963年北海道生まれ。'94年『姑獲鳥の夏』(講談社ノベルス)でデビュー。'96年『魍魎の匣』で第49回日本推理作家協会賞長編部門賞受賞。'97年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花賞、2003年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、'04年『後巷説百物語』で第130回直木賞、'11年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞受賞。近著に『虚談』『ヒトごろし』などがある。



坂野公一(さかの・こういち)

1970年兵庫県生まれ。神戸芸術工科大学 芸術工学部 視覚情報デザイン学科卒業。SONY株式会社、杉浦康平プラスアイズ勤務を経て、2003年に独立し、welle designを設立。装幀を手がけた書籍は1500冊を超える。






チケット販売期間外です

販売
期間

2019/3/29(金) 13:00~

2019/4/19(金) 12:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

「百鬼夜行シリーズ」3ヵ月連続刊行記念対談 京極夏彦×坂野公一

4,320円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代は、キャンセルもしくは欠席の場合でもご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。領収書の発行は致しかねますのでご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

0353955817

10:00~17:00(平日)

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ