第七回下北沢映画祭 Dプログラム in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 映画、舞台、演劇

第七回下北沢映画祭 Dプログラム

森岡龍×松本花奈のサイコロトーク「下北沢からごきげんYO!」

2015/10/11(日) 18:00~2015/10/11(日) 19:30

イベント受付開始時間 2015/10/11(日) 17:05~

成徳ミモザホール(下北沢成徳高等学校内)

  • 第七回下北沢映画祭 Dプログラム イベント画像1

  • 第七回下北沢映画祭 Dプログラム イベント画像2

  • 第七回下北沢映画祭 Dプログラム イベント画像3

2015/10/11 11:10 追加

当日券の販売は、14:15からとなります。

2015/10/7 16:11 追加

森岡龍さん&松本花奈さん、お2人からコメントを頂戴しました!

森岡龍さん

【下北沢映画祭によせて】
第七回開催おめでとうございます。下北沢は中学・高校と通学路で、よく遊んだ場所です。まさかそんな思い出の地でサイコロトークをする日がくるとは……。「映画」は、生まれたときから既にボーダレス! 世代も性別もジャンルも越えて盛り上がれればな、と。しかし、どう転ぶかは賽の目次第! イチかバチか丁か半か楽しみにしてます!
 
【松本花奈ちゃんへ】
お久しぶりです。お元気ですか?今回は無茶振りに応えてくれてありがとう。笑「名作映画100選」なる本を片手に、小津安二郎監督について語っていたマセた小学生が今じゃ自分でメガホンをとってるなんて感慨深いです。どうかひとつ、お手柔らかに!

 
松本花奈さん

【下北沢映画祭によせて】
下北沢は、学校帰りによく行きます。それまでのザワザワとしていた気持ちが、行くだけで何故か分からないけれどワクワクに変わる、下北沢という街が私は大好きです。そんな大好きな街に大好きな映画が加わり、胸が高鳴ります。下北沢映画祭でトークイベントに参加させていただけるなんて!楽しみです!


【森岡龍さんへ】
森岡さんとトークさせてもらえるなんて、舞い上がってしまいます。壇上で颯爽と、でもひょうひょうと現れた森岡さんがかっこよくて、(不純な動機ですが)森岡さんに作品を見てもらいたくてビデオをまわしたのを覚えてます。ビデオの設定ってどうやるんですか?という、そんなアバウトすぎる質問にも、優しく教えて下さってありがとうございました!サイコロトーク、森岡さんのシークレットトークめちゃ楽しみにしてます!!



2015/9/8 15:03 追加

第七回下北沢映画祭ああああああああああああああああああああああああああああ

メジャーとインディペンデントといった「作品規模」や、映画と音楽、映画と演劇といった「ジャンル」など、双方の境界線が曖昧となり、様々なカルチャーを縦横無尽に楽しむことができる昨今。今年第7回目の開催を迎える下北沢映画祭は「ボーダレスな映画体験のススメ。」をテーマに、バラエティに富んだ5プログラムをお届けします!


Dプログラム:森岡龍×松本花奈のサイコロトーク「下北沢からごきげんYO!」


俳優でありながら監督業にも挑戦するなど”ボーダレス”な活動で知られるゲストを招く上映&トークイベント。『ニュータウンの青春』が劇場公開されたりと映画監督としても活躍する俳優・森岡龍さんと、現役女子高生監督として『真夏の夢』を手掛けた松本花奈さんを迎え、お二人の短編映画『フランソワな昼』『死んだ魚の目をしてみた』(森岡作品)と井上苑子MV『大切な君へ』(松本作品)を上映。さらに森岡さん発案で、映画にまつわるお話を”サイコロトーク”!アタリ目は出るか!?二人の化学反応は、下北沢でしか見られない!

【ゲスト】森岡龍(俳優・映画監督)、松本花奈(映画監督)

【上映作品】『フランソワな昼』(2011年)

      『死んだ魚の目をしてみた』(2006年)

      『大切な君へ』(2015年)


日時:10月11日(日)18:00~(開場:17:50)

会場:成徳ミモザホール

チケット:1,600円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※チケットを申し込まれた場合でも当日の受付が必要になります。入場は予約番号順ではなく受け付け順になりますのでご了承ください。

※コンビニ決済の場合とYahoo! JAPAN IDでログインせずにチケットを申し込む場合、購入(決済)後の払い戻しはできません。

※コンビニ決済をされた方は支払証明書をご持参ください。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2015/9/12(土) 12:00~

2015/10/10(土) 23:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

第七回下北沢映画祭 Dプログラム

1,600円

販売条件

※都合により予告なくイベント内容の一部を変更する場合もありますのでご了承ください。
※許可された場合以外は会場何録音・録画・複写に使用する機材および危険物等を持ち込むことはできません。
※会場内で係員の指示および注意事項に従わない場合、入場をお断りすることがあります。また、開演中の入場については制限させていただくことがあります。
※会場内で係員の指示および注意事項に従わずに生じた損害・事故については、主催者は一切責任を負いません。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

info@shimokitafilm.com

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ