村山由佳×千早茜「女どうし、恋のはなし」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 趣味、ホビー

村山由佳×千早茜「女どうし、恋のはなし」

『ワンダフル・ワールド』(村山由佳著)文庫化&『犬も食わない』(千早茜・尾崎世界観著)刊行記念イベント

2018/11/14(水) 19:00~2018/11/14(水) 20:30

イベント受付開始時間 2018/11/14(水) 18:30~

la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko

  • 村山由佳×千早茜「女どうし、恋のはなし」 イベント画像1


 恋の記憶や熱を一瞬で呼び覚ます、特別な“香り”をテーマにした村山由佳さんの恋愛短編小説集『ワンダフル・ワールド』
 そして、同棲中のカップルの心の探り合いを、千早茜さんがクリープハイプの尾崎世界観さんと共に書いた恋愛小説『犬も食わない』

 この二作はそれぞれ、夫婦や恋人同士の感情の揺れや心の擦れ違いなど、惹かれ合いながらも一筋縄ではいかない男女関係の妙が鋭く描き出されています。
 近くにいるのになかなか分かり合えないお互いの考え方の違い、相手への執着や期待という感情、女性が男性に対して抱いている不満、こんなオトコに弱い、こんなオトコは嫌だ……などなど、恋愛小説の名手でありプライベートでも親しいお二人による「恋のはなし」。女性の本音を語り尽くします!


※トーク終了後、会場で書籍を購入いただいた方を対象に村山さんと千早さんのサイン会を行います。新刊の『ワンダフル・ワールド』文庫版と『犬も食わない』につきましては、お持ち込みいただいた本でもサインしていただけます。なお時間の都合上、サインは一著者につきお一人様1冊とさせていただきます。予めご了承ください。

※今回のイベントには『犬も食わない』の共著者である尾崎世界観さんは登壇されません。

※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。

※開場は開演の30分前です。

------------------------------------
プロフィール
村山由佳(むらやま・ゆか)
1964年、東京都生れ。立教大学卒。’93年『天使の卵―エンジェルス・エッグ』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2003年『星々の舟』で直木賞を受賞。’09年『ダブル・ファンタジー』で中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、柴田錬三郎賞を受賞。他の著書に、『放蕩記』『天使の柩』『ありふれた愛じゃない』『嘘 Love Lies』『ミルク・アンド・ハニー』『燃える波』など。新刊予定にエッセイ集『猫がいなけりゃ息もできない』(10月26日)、小説『はつ恋』(11月30日)がある。

千早茜(ちはや・あかね)
1979年、北海道生れ。立命館大学卒業。幼少期をザンビアで過ごす。2008年、小説すばる新人賞を受賞した『魚神(いおがみ)』でデビュー。翌年、同作にて泉鏡花文学賞を、’13年『あとかた』で島清恋愛文学賞を受賞。同年に『あとかた』、’14年に『男ともだち』で直木賞候補となる。他の著書に『からまる』『西洋菓子店プティ・フール』『クローゼット』『正しい女たち』など。新刊予定にエッセイ集『わるい食べもの』(12月5日)がある。




予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

自由席

2,000円予定枚数終了

自由席(神楽坂ブック倶楽部会員限定)

1,800円予定枚数終了

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

sokoinfo@shinchosha.co.jp

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ