【代官山 蔦屋書店】takeo paper show 2018「precision」開催直前SPトーク in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

【代官山 蔦屋書店】takeo paper show 2018「precision」開催直前SPトーク

2018/5/26(土) 19:15~2018/5/26(土) 20:45

代官山蔦屋書店 1号館2階 イベントスペース

  • 【代官山 蔦屋書店】takeo paper show 2018「precision」開催直前SPトーク イベント画像1

  • 【代官山 蔦屋書店】takeo paper show 2018「precision」開催直前SPトーク イベント画像2

紙の専門商社 株式会社竹尾による新しい紙の可能性を提案するイベント
takeo paper show 2018 「precision」が、6月1日、2日、3日の3日間、
青山 スパイラルにて開催されます。

開催を直前に控え, 同展のアートディレクション・会場構成を手がける
グラフィックデザイナー・美術家の田中義久氏と建築家の中山英之氏、
参加クリエイターのDRILL DESIGNと三澤遥氏が、
展覧会について、またその制作過程を通して感じた紙についての想いなどを語り合います。

takeo paper show 2018「precision」開催直前スペシャルトーク
田中義久×中山英之×DRILL DESIGN×三澤遥
日時: 2018年5月26日(土)19:00開場/19:15開演/20:45終演
場所: 代官山 蔦屋書店 1号館2F イベントスペース
定員: 50名
入場料: 無料
登壇者: 田中義久、DRILL DESIGN、中山英之、三澤遥

【takeo paper show 2018「precision」について】
48回目を迎えるtakeo paper show 2018では、
「precision / 精度」をテーマに掲げ、
新しいファインペーパーのあり方を提案いたします。

「上品な」「洗練された」「品質の優れた」という意味をその名の源にもつ
ファインペーパーは、人の感性に訴える素材であると同時に、
正確さや緻密さといった「精度」を備えたマテリアルでもあります。

今回の展示会では,根源的な紙そのもののあり方を見つめ直し、
多様な紙素材をファインマテリアルへ進化させ、紙の未来を開拓します。
美術,プロダクト、グラフィック、テキスタイルなど、国内外で活躍する
クリエイターの皆様に「precision / 精度」の観点から、
新たなファインペーパーの監修をお願いし、仕上がった紙と合わせ、
作品として展示いたします。

takeo paper show 2018「precision」
会期:2018年6月1日(金)2日(土)3日(日)
時間:6月1日、2日 11:00 — 20:00 / 6月3日 11:00 — 17:00
※入場は終了時間の30分前まで
会場:スパイラルホール(スパイラル3F)
※ご入場の際はウェブサイトより事前登録(無料)が必要です

アートディレクション:田中義久
会場構成:中山英之
参加クリエイター:
安東陽子、葛西 薫、田中義久、DRILL DESIGN、永原康史、
原 研哉、原田祐馬、藤城成貴、三澤 遥(デザイナー)※五十音順
主催:株式会社竹尾

http://www.takeopapershow.com







予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

【代官山蔦屋書店】takeo paper show 2018「precision」開催直前SPトーク

[販売期間] 5/18(金) 18:00~5/25(金) 17:00

無料予定枚数終了

販売条件

お一人様ごとにお申込みください

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

mihon@takeo.co.jp

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ