2019参院選・在外選挙から始まる?インターネット投票の課題と展望 in東京

  1. TOP
  2. セミナー、勉強会

2019参院選・在外選挙から始まる?インターネット投票の課題と展望

~つくば市のネット投票実証と総務省研究会のまとめより~

2018/12/3(月) 17:00~2018/12/3(月) 19:00

イベント受付開始時間 2018/12/3(月) 16:30~

衆議院第2議員会館 1階多目的会議室

  • 2019参院選・在外選挙から始まる?インターネット投票の課題と展望 イベント画像1

  • 2019参院選・在外選挙から始まる?インターネット投票の課題と展望 イベント画像2

  • 2019参院選・在外選挙から始まる?インターネット投票の課題と展望 イベント画像3

2018/11/15 13:51 追加

2017年12月から2018年7月にかけて、総務省の「投票環境の向上方策等に関する研究会」(磯部力座長)ではインターネット投票の導入について検討が重ねられ、国会では超党派の「若者政策推進議員連盟」(牧原秀樹会長)が発足し議論が進んでいます。

また、つくば市では国内初となるマイナンバーカードとブロックチェーンを用いた投票システムの実証が行われるなど、地方自治体においても関心が高まっています。

本セミナーでは、総務省の研究会報告の取りまとめに尽力した小林史明前総務大臣政務官、超党派の取り組みを推進する若者議連の鈴木隼人事務局長代理、そして「宇宙からの投票」にも意欲を示す五十嵐立青つくば市長から、インターネット投票の課題と展望についてうかがいます。

<プログラム>
・開会・主催者挨拶と経緯説明 17:00

・基調報告1 「若者政策推進議連」の活動状況と今後の方針について
       鈴木隼人 若者議連事務局長代理
・基調報告2 「投票環境向上研究会」の成果と今後の方針について
       小林史明 前総務大臣政務官
・特別報告  マイナンバーカード×ブロックチェーン投票の実証について
       五十嵐立青 つくば市長

・パネルディスカッション 18:00
 パネリスト 五十嵐立青 つくば市長
       小林史明 前総務大臣政務官
       河村和徳 東北大学准教授
       室橋祐貴 日本若者協議会代表理事
 モデレーター 湯淺墾道 情報セキュリティ大学院大学教授
・質疑応答

・閉会 19:00

※都合により内容に変更がある可能性があります。

<主催>情報ネットワーク法学会(手塚悟理事長)内
    インターネット投票研究会(湯淺墾道主査)
<共催>日本若者協議会(室橋祐貴代表理事) 
<特別協力>若者政策推進議員連盟(牧原秀樹会長
<協力>情報通信政策フォーラム(山田肇理事長)
    ヤフー株式会社(妹尾正仁 政策企画本部長)
    株式会社VOTE FOR(市ノ澤充 代表取締役社長)

コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2018/11/2(金) 13:00~

2018/12/3(月) 17:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

12/3 第2回インターネット投票セミナー

無料受付中

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

主催者のFacebookページ

お問い合わせ先

メールアドレス

info@votefor.co.jp

電話番号

03-5549-1740

10時~18時(平日)

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ