芝垣亮介×奥田太郎「ドーナツの穴を埋める夜」『失われたドーナツの穴を求めて』(さいはて社) in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

芝垣亮介×奥田太郎「ドーナツの穴を埋める夜」『失われたドーナツの穴を求めて』(さいはて社)

2017/8/2(水) 20:00~2017/8/2(水) 22:00

イベント受付開始時間 2017/8/2(水) 19:30~

本屋B&B

  • 芝垣亮介×奥田太郎「ドーナツの穴を埋める夜」『失われたドーナツの穴を求めて』(さいはて社) イベント画像1

今年7月に『失われたドーナツの穴を求めて』(さいはて社)が発売されました。同書は、歴史学、経済学、数学、言語学、哲学などを専門とする若き研究者たちが本気でドーナツとドーナツの穴の謎を解明しようと試みた奇想天外な探求書です。この刊行を記念して、トークイベントをB&Bで開催します。名古屋での4回連続講座を皮切りに、京都、大阪でイベントを開催し、いよいよ今回が千秋楽となります。同書の編集を牽引してきたドーナツの穴制作委員会から、ディレクターの芝垣亮介(言語学)とプロデューサーの奥田太郎(哲学)が登場し、ドーナトロジー(ドーナツ学)の未来について語ります。いつ誰がドーナツに穴をあけたのか。ドーナツが回転しているとき、ドーナツの穴は回転しているのか。穴は数えられるのに何もないと言えるのか。フラフープの真ん中を「穴」と言わないのに、ドーナツの真ん中を「穴」と言うのはなぜか。etc...尽きないドーナツとその穴をめぐる謎について、みなさんと一緒に考える(=ドーナツの穴を知性で埋める)夜にしたいと思います。たくさんのご参加をお待ちしております。

【出演者プロフィール】
芝垣亮介(しばがき・りょうすけ)
1980年兵庫県生まれ。言語学者。ドーナツの穴制作委員会ディレクター。ロンドン大学で学び、現在、南山大学外国語学部准教授。博士(言語学)。著書に『Analysing Secondary Predication in East AsianLanguages』(CambrdigeScholars Publishing)など。

奥田太郎(おくだ・たろう)
1973年東京都生まれ、奈良県育ち。哲学者。ドーナツの穴制作委員会プロデューサー。京都大学で学び、現在、南山大学人文学部教授。博士(文学)。著書に『倫理学という構え』(ナカニシヤ出版)など。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2017/7/3(月) 17:00~

2017/8/2(水) 18:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ