石川優実×町田彩夏×三浦ゆえ×小川たまか「#metooの人も、#metooしない人も、#metooに少し疲れた人も」 in東京

  1. TOP
  2. その他

石川優実×町田彩夏×三浦ゆえ×小川たまか「#metooの人も、#metooしない人も、#metooに少し疲れた人も」

2018/2/25(日) 19:00~2018/2/25(日) 21:00

イベント受付開始時間 2018/2/25(日) 18:50~

本屋B&B

誰かの感じる「嫌」にも、自分の感じる「嫌」にも素直に向き合うべき。人が「嫌」と言ったことに対して、「そんなわけないだろう」とか「自意識過剰だ」なんて、他人が決めることじゃない。
@ishikawa_yumi

世界的に広がる#metooについて、誰かと話してみたい人や、まだ言葉にはならないけれど考えてみたい気持ちがある人のためのイベントです。

日本では、#metooが海外ほど話題になっていないようにも感じられます。

3年に1度行われる「男女間における暴力に関する調査」(内閣府)の平成26年度調査(http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h27/zentai/html/honpen/b1_s04_02.html)によれば、異性から無理やりに性交された経験のある女性は6.5%。約15人に1人が被害に遭っています。また、昨年の性犯罪に関する刑法の改正では、これまで女性のみにしか適用されなかった「強姦罪」が「強制性交等罪」に変更され、被害者の性別に男性も含まれることとなりました。

セクハラや痴漢なども含め、性的な被害に遭ったことのある人は、性別に関わらず、決して少なくないはずです。でも未だに、語ることがタブーな現状があります。日本で性被害や#metooに関する話題をタブーにしないために、オープンな場所で語るための一歩として、イベントを企画しました。

イベントのタイトルには#metooした人も、#metooしたくない人も、「自分の嫌」に向き合って「被害に遭った自分を責めるのをやめる」ことから始めたいという気持ちを込めています。それが誰かの感じる「嫌」を知ることにもつながるのではないでしょうか。

出演者は、昨年12月27日に、「#Me Too『私も。』」(https://note.mu/ishikawa_yumi/n/n1e73ecf608d1)というタイトルで自身の経験を公表したグラビア女優の石川優実さん、Twitterで、就職活動の面接の際にあったセクハラをつぶやいた、政治アイドルの町田彩夏さん、性にまつわる取材・執筆をつづけ、著書『セックスペディア』や、『男が痴漢になる理由』『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』など多数に編集協力してきたフリー編集者・ライターの三浦ゆえさん、自身の被害を明かしたことをきっかけに、性暴力に関する取材を続けるライターの小川たまかさん、の4名です。

日本の#metooは、これからどうなっていくのかについて、出演者と一緒に考えてみませんか。

※#metooを一緒に考えたい方、セクハラを含む性暴力をなくすためにどうすればいいかを考えたい方のご参加をお待ちしています
※当日は、会場からの質問や意見を多く受け付け、ディスカッションの時間を多く取る予定です
※参加者は、石川優実さんの「#Me Too『私も。』」(https://note.mu/ishikawa_yumi/n/n1e73ecf608d1)を事前に読むことをおすすめします

【出演者プロフィール】
石川優実(いしかわ・ゆみ)
グラビア女優。2007年にデビュー後、グラビア、映画などで活動。2014年に初主演映画『女の穴』、2016年には準主演『誘惑は嵐の夜に』に出演。昨年末、芸能界での性暴力を#metooを付け記事にしたことをきっかけに、#metooについて様々な発信をしている。それ以前より、男女の性のすれ違いなどについて積極的に発信している。

町田彩夏(まちだ・あやか)
政治アイドル。講談社主催の「新しい時代にふさわしいまだ見たことのない女の子」を探すオーディション「ミスiD」に参加、審査員個人賞を受賞したことをきっかけとして、「政治を語るを日常に」をモットーに活動を始める。高校在学時より、18歳選挙権の実現や女性の社会進出をテーマに、イベントを多数開催するなど尽力して来た。TwitterなどのSNSで、自身が経験した痴漢被害やセクハラについて発信している。どんなリプライにも愛を持って返事を書く、独特の姿勢が特徴。
Twitter@Ayaka_m_y

三浦ゆえ(みうら・ゆえ)
フリー編集&ライター。富山県出身。複数の出版社に勤務し、2009年にフリーに転身。女性の性と生をテーマに取材、執筆活動を行うほか、『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』シリーズをはじめ、『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』(WAVE出版、2月21日発売予定)『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)、『失職女子。~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで~』『私、いつまで産めますか?~卵子のプロと考えるウミドキと凍結保存~』(ともにWAVE出版)などの編集協力を担当。著書に『セックスペディアー平成女子性欲事典ー』(文藝春秋)がある。
Twitter@MiuraYue

小川たまか(おがわ・たまか)
ライター。2007年頃から主にウェブ上で取材・執筆を開始。2015年に自身の強制わいせつ被害をブログに綴ったことをきっかけに、性暴力に関する取材に重点を置くようになる。編集協力は『漂流女子―にんしんSOS東京の相談現場からー』(朝日新書)など。今年中に取材をまとめた本を出版する予定。※今回のイベントは、#metooの流れに少し疲れを感じていた小川が、1月に石川さんのブログを読んで衝撃を受けたことをきっかけに企画しました。
ヤフーニュース個人:https://news.yahoo.co.jp/byline/ogawatamaka/
Twitter@ogawatam

コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2018/2/5(月) 14:00~

2018/2/25(日) 17:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円受付中

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ