小澤實×堀本裕樹 「これからの『名句』の話をしよう」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

小澤實×堀本裕樹 「これからの『名句』の話をしよう」

『名句の所以 近現代俳句をじっくり読む』刊行記念

2019/1/13(日) 19:00~2019/1/13(日) 21:00

イベント受付開始時間 2019/1/13(日) 18:30~

本屋B&B

  • 小澤實×堀本裕樹 「これからの『名句』の話をしよう」 イベント画像1

俳句鑑賞入門の平成版バイブル、『名句の所以 近現代俳句をじっくり読む』の刊行を記念して、トークイベントを実施します。

近現代を代表する俳人300人の300句を、詠まれた背景や俳人同士の関わりを明らかにしながら、丹念に読み解いた本書。
その大きな魅力は、なんといっても、往年のスター俳人による隠れた秀句から、現在進行形で活躍している若手俳人の作品まで、「これから『名句』に育っていくであろう一句」が多数収録されていること。

「一句」が「名句」になるためには、一体どんな条件が必要なのでしょうか。

現代俳句革新の旗手で著者の小澤實さん(俳句結社「澤」主宰)と、職業・年齢などあらゆる垣根を越えて俳句の魅力を伝え続ける気鋭の俳人・堀本裕樹さん(俳句結社「蒼海」主宰)が、本書にめでたく掲載された句、惜しくも掲載されなかった句を取りあげ、「名句とは何か」という俳壇史上もっとも本質的な問いに、全力で挑みます。

【出演者プロフィール】
小澤實(おざわ・みのる)
1956年生まれ。俳人。信州大学在学中に連句を学び、俳句入門。成城大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。十五年間の「鷹」編集長を経て、2000年4月に俳句雑誌「澤」を創刊、主宰。句集に『砧』(牧羊社)・『立像』(角川書店、俳人協会新人賞)があるほか、2006年に第三句集の『瞬間』(角川書店)で讀賣文学賞詩歌俳句賞受賞。2008年、『俳句のはじまる場所』で第22回俳人協会評論賞受賞。俳人協会常務理事、讀賣新聞・東京新聞等の俳壇選者を務める。

堀本裕樹(ほりもと・ゆうき)
1974年和歌山県生まれ。國學院大学卒。「河」編集長を経て、2018年に俳句結社「蒼
海」を立ち上げ主宰を務める。俳人協会幹事。東京経済大学非常勤講師、二松学舎大
学非常勤講師。第2回北斗賞、第36回俳人協会新人賞、第11回日本詩歌句随筆評論大
賞を受賞。著作に、句集『熊野曼陀羅』、『俳句の図書室』、又吉直樹との
共著『芸人と俳人』、穂村弘との共著『短歌と俳句の五十番勝負』など。
公式サイトhttp://horimotoyuki.com/

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/12/8(土) 17:00~

2019/1/13(日) 18:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ