SNSが報道に与える影響【IT社会の英語ニュースについて議論する】第25回 1/31(水)20時 @オンライン

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 教室、ワークショップ

SNSが報道に与える影響【IT社会の英語ニュースについて議論する】第25回 1/31(水)20時 @オンライン

グローバルな場で必要な英語力て何?「ITと社会」を英語で理解し、発信するための新英語ワークショップ。

2024/1/31(水) 20:00~2024/1/31(水) 21:30

  • SNSが報道に与える影響【IT社会の英語ニュースについて議論する】第25回 1/31(水)20時 @オンライン イベント画像1

  • SNSが報道に与える影響【IT社会の英語ニュースについて議論する】第25回 1/31(水)20時 @オンライン イベント画像2

2023年から始まったワークショップ[IT社会の英語ニュースについて議論する]第25回開催のお知らせです。今回は書籍 [VOAで聞き読み IT社会の英語ニュース入門]のなかの[Topic 12] 用心するべきネットの情報: ねつ造と「不適切なコンテンツ」という話題を取り上げます。今回、利用する教材は書籍には含まれていませんが、追加でVOAの記事[How Social Media Influences News Coverage](webで閲覧可)を利用します。詳細は以下のセクションでご確認ください。

ワークショップ第25回「ソーシャル・メディアが報道に与える影響」のご案内

今回のワークショップは、VOAが報じた記事「ソーシャルメディアはどのように報道に影響を与えるか」について議論します。この記事は書籍には含まれていませんでしたが、非常に重要なテーマだと思ったので取り上げることにしました。

ソーシャル・メディアがあたりまえに存在する世の中になり、これまでの主流の報道のあり方に大きな変化が起こっています。これまでニュースの受け手だった読者や視聴者が「市民メディア」として、事故や災害の写真をTV局などの報道機関に送り、それがニュースで取り上げられることが一般的になって久しいですが、AIを使ったフェィク画像の登場とソーシャル・メディアの多様化により、戦争や大規模災害など速報性が求められる事象において、ソーシャル・メディアと報道機関の関係性が大きく変わりつつあります。

以前は、写真素材が主流だったソーシャル・メディアですが、動画中心のアプリの登場とそれらを編集する技術の一般化により、主流メディアのニュースと比べ遜色ない映像を大衆に提供できることになったことが、両社の関係性の変化の一因です。

また、万人がソーシャル・メディアを日常的に利用するようになり、一般市民がメディアに期待する役割が変化していることも原因の一つです。過去のいくつかの戦争報道では、記者が現地に赴き、取材することが「報道」でした。そのため、一般大衆が目にするのは通常、軍事戦闘の余波を伝える報道にならざるを得ませんでした。しかし、今日の世界では、何百万人もの人々が、画像やビデオを撮影し、素早くオンラインで公開できる携帯電話をどこにでも持ち歩いているのです。そのため、「速報性」を重視する傾向が強まり、一般市民が提供した映像や写真を収集して、報道することが「日常の光景」になったのです。

特に、イスラエルとハマスの間で進行中の紛争については、戦闘の激化が続き、ニュースのために、ソーシャルメディア上の動画や画像を利用する報道機関が増えています。このため、一部の報道機関は、虚偽または誤解を招く情報を特定するための取り組みを拡大しているそうです。

日本では、ほとんど議論がなされていないように見えますが、あなたはこの問題についてどう思いますか?VOAの記事はウェブで読めますので、初めての方も是非、ご参加ください。ワークショップの内容は以下のとおりです。

日時: 2024年 1月31日(水)20時~21時30分
場所: オンライン
定員: 参加者は10名程度まで(但し、見学者は含まない)
費用: 見学のみ: 500円、初回参加者:800円(オンラインのみ)~

教材は以下のHPでご確認ください。「ITと社会」の各テーマに関する解説も含まれていますので、できるだけ、テキストを購入されることをお薦めします。準備なしでは設問には答えられないと思います。設問は参加予定者及びオンライン・サロン/有料ニュースレター会員に送付します。

[教材]

How Social Media Influences News Coverage

https://learningenglish.voanews.com/a/how-social-media-influences-news-coverage/7356057.html

チケット

チケットは以下のYahooチケット・サイトから購入、もしくは銀行振込みでお願いいたします。

ソーシャル・メディアが報道に与える影響【IT社会の英語ニュースについて議論する】第25回 1/31(水)20時 @オンライン

また銀行振り込みの場合、以下のサイトから用紙をダウンロードしてご利用ください。


ワークショップ 「IT社会の英語ニュースについて議論する」

2023年3月半ばから「IT社会の英語ニュースについて議論する」を始めます。デジタル社会の急速な進展を受けて、労働者全員が世界のIT開発の動向とそれが社会や企業活動に与えるインパクトについて知るべき時代となりました。パンデミックからポスト・コロナの世界では、以前にもまして、デジタル技術の方向性をいち早く知り、それを使ったイノベーションを世界の人々と共有する時代になりました。いくら翻訳ソフトが進化したとはいえ、日本語だけでは、情報収集にも限界があります。また、世界共通語となった英語を自在に使えるようにならなければ、変化の激しいビジネスの世界で、今後の個人及び企業の成長は望めません。

このワークショップは世界のデジタル・サービスの現状及びそれが社会に及ぼす影響を英語で理解し、それらに関する意見を自分で発信することにより、英語力とコミュニュケーション・スキルの増強を同時に図る、という画期的なプログラムです。コロナ期間の3年間、オンラインでワークショップを開催してきましたが、ワークショップの参加者の満足度は高く、変わりゆく世界の最新英語ニュースをいち早く理解するとともに、自分の意見を英語で伝える楽しさにも目覚めた、と言います。「IT社会の英語ニュースについて議論する」も参加者に新しい力と自信を与えるものになる内容である、と確信しています。

「VOAで聞き読み IT社会の英語ニュース入門」の英語は難解ではありません。しかし、関連する社会問題を理解していないと発言できないテーマばかりです。今後の予定としては月2-3回(対面でのSDG英語ニュースも別途開催予定)、エッセイをグループで議論し、これらにITに関わる社会問題を英語で自分でも発信できるようにすることが目標です。ワークショップはグローバル・アジェンダが開発したフォーマットを利用します。 「IT社会の英語ニュースについて議論する」はIT社会の17のテーマ全てについてVoice of America (VOA)の記事を利用し、英語で議論します。詳細は以下のマガジンでご確認ください。

IT社会の英語ニュースについて議論する

VOAで聞き読み IT社会の英語ニュース入門


以下、出版社のサイトからの抜粋です。 IT社会の「今」を英語で知るための入門書。VOAニュース29本を厳選!

こんな方に最適

  • 高校レベル以上の英語を学んでおり、もう少し広いテーマを用いて英語を学びたい方
  • ITを用いたサービスやIT企業の動きなどについて、英語で情報(特にニュース記事)を集めたい方
  • IT関連ニュースに興味があり、できればそれをテーマに英語を学んでみたい方

【本書の構成】

Part 1「コロナとIT」

[Topic 1] リモートワークとオンライン授業
[Topic 2] ITと文化(1) コロナ禍で進む文化のオンライン化
[Topic 3] IT社会を支える基盤: グローバルサプライチェーン
[Topic 4] ITを活用したコロナウイルスへの対抗

Part2 「ITがもたらす社会の変化」

[Topic 5] 新しいビジネスを拓くテクノロジー: 5Gと人工知能
[Topic 6] テクノロジーがもたらす仕事の未来: ロボットと自動化
[Topic 7] 「拡張された現実感」: 視覚インターフェースの未来
[Topic 8] ブロックチェーン: 新しい「所有」の形
[Topic 9] ITと文化(2) デジタルゲームとSNS
[Topic 10] 広がるIT活躍の場: 教育現場とヘルスケア

Part 3「ITとトラブル」

[Topic 11] IT社会の安全を脅かすサイバー攻撃: 不正アクセス・コンピューターウイルス
[Topic 12] 用心するべきネットの情報: ねつ造と「不適切なコンテンツ」
[Topic 13] プライバシーと個人情報: インターネット利用者の権利
[Topic 14] デジタル機器の健康問題

Part4 「ITを巡る世界の動静」

[Topic 15] デジタル超大国、中国の現在
[Topic 16] IT国際情勢: サイバー戦争、情報統制
[Topic 17] グローバルIT企業の功罪と法規制

チケット販売期間外です

販売
期間

2024/1/21(日) 23:00~

2024/1/31(水) 19:55

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

サロン&ゴールド会員@オンライン

1,500円

一般 回数券(3回@オンライン)

5,700円

一般@オンライン

2,000円

初回参加者@オンライン

800円

有料ニュースレター会員(月1回)@オンライン

1,500円

見学のみ@オンライン

500円

販売条件

オンラインワークショップはGoogle Meetを利用します。 【キャンセルポリシー】有料の場合、返金はありません。キャンセルされた場合、次回のワークショップに振り替え、または手数料などを除いた実費のバウチャーをお渡しします。 オンラインでは、通信上の問題が発生する場合がありますが、不具合の場合、次回無料で参加できます。

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

its.globaleducation@gmail.com

電話番号

050-5899-5753

9時から21時

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


▲このページのトップへ