竹本織太夫×朝吹真理子「文楽っていったい何だ?」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

竹本織太夫×朝吹真理子「文楽っていったい何だ?」

『文楽のすゝめ』(実業之日本社)刊行記念

2018/2/11(日) 19:00~2018/2/11(日) 21:00

イベント受付開始時間 2018/2/11(日) 18:50~

本屋B&B

  • 竹本織太夫×朝吹真理子「文楽っていったい何だ?」 イベント画像1

2018/2/1 19:03 追加

※イベントの最新情報は、http://bookandbeer.com/event/2018021102_bt/をご覧ください

2018/1/28 16:32 追加

今年1月に、六代目竹本織太夫さんの著書『文楽のすゝめ』(実業之日本社)が刊行されました。

同書は、2018年新春、六代目竹本織太夫を襲名した人形浄瑠璃文楽の太夫、豊竹咲甫太夫さんが、文楽を知らない人向けに書かれたビジュアルブックです。

難しいと思われがちな文楽を、アラフォー旦那の不倫、マイルドヤンキーの殺人、ツアコン逆切れ事件(!?)などのわかりやすいキーワードを元に解説。

絶対に観ておきたい名作紹介や、カリスマ作家・近松門左衛門の魅力、大阪を楽しむぶらぶらあるきガイドのほか、豪華執筆陣のエッセイなども収録した、充実の一冊となっています。

今回はこの刊行を記念して、刊行イベントを開催します。ゲストは、同書に「文字できく音楽」を寄稿されている小説家の朝吹真理子さん。

文楽を知り尽くしたお二人に、あらためて文楽の魅力や、見方、オススメ作品、見どころなどをたっぷりお話いただく予定です。

文楽ファンはもちろん、初心者も大歓迎。文楽の魅力を感じられる一夜となること間違いなし。

お楽しみに!

【出演者プロフィール】
竹本織太夫(たけもと・おりたゆう)
1975年、大阪・西心斎橋に生まれる。祖父は文楽三味線の二代目鶴澤道八、伯父は鶴澤清治、実弟は鶴澤清馗。1983年、豊竹咲太夫に入門、豊竹咲甫太夫を名乗る。1986年、10歳で初舞台を踏む。NHK Eテレの「にほんごであそぼ」にレギュラー出演するなど、文楽の魅力を幅広く発信する。2011年、第28回咲くやこの花賞、2013年、第34回松尾芸能賞新人賞、平成25年度大阪祭賞グランプリ受賞。2018年1月、八代目竹本綱太夫五十回忌追善・六代目竹本織太夫襲名披露公演において、六代目竹本織太夫を襲名。

朝吹真理子(あさぶき・まりこ)
1984年、東京生れ。2009年、「流跡」でデビュー。2010年、同作でドゥマゴ文学賞を最年少受賞。2011年、第2作「きことわ」で芥川賞を受賞。今年6月、「きことわ」以来の長篇小説「TIMELESS」を刊行予定。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/1/28(日) 16:00~

2018/2/11(日) 17:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ