穂村弘×高山実佐×東直子×千葉聡「青春文学を語りつくそう」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

穂村弘×高山実佐×東直子×千葉聡「青春文学を語りつくそう」

『心に風が吹いてくる 青春文学アンソロジー』(三省堂)刊行記念

2018/10/4(木) 20:00~2018/10/4(木) 22:00

イベント受付開始時間 2018/10/4(木) 19:30~

本屋B&B

  • 穂村弘×高山実佐×東直子×千葉聡「青春文学を語りつくそう」 イベント画像1

『心に風が吹いてくる 青春文学アンソロジー』がこの度三省堂より刊行されました。
若い人たちや、青春文学を求めている読者に向けた文学アンソロジーをつくりたい!という編者である高山実佐さん、東直子さん、千葉聡さんのお三方の熱い思いが結実した本書には「青春」をテーマに、厳選された小説・エッセイ20編、詩2編、短歌10首、俳句10句が掲載されています。

そしてB&Bでは本書の刊行を記念して、トークショーを行います。
ゲストには、掲載作品のひとつであるエッセイ「世界を覆す呪文を求めて」の著者で歌人の穂村弘さんをお呼びしました。
掲載された作品それぞれの魅力はもちろんのこと、その作品にまつわるエピソードや、そこからひろがる読書の世界、さらには高山さん、東さん、千葉さんそして穂村さんの青春時代の切ない思い出など、とっておきの話が聞けることでしょう。

青春について、あるいは文学についての縦横無尽なトークをどうぞお楽しみに!

【出演者プロフィール】
穂村弘(ほむら・ひろし)
歌人。1962年、北海道生まれ。歌集に『シンジケート』、『ドライ ドライ アイス』、『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』、『ラインマーカーズ』、『水中翼船炎上中』、エッセイ集に『絶叫委員会』、『鳥肌が』(講談社エッセイ賞)、歌論集に『短歌の友人』(伊藤整文学賞)、絵本に『あかにんじゃ』(ようちえん絵本大賞特別賞)など著書多数。

高山実佐(たかやま・みさ)

1962年東京都生まれ。 東京都立高等学校国語科教諭を経て、國學院大學文学部准教授。国語科教育法などを担当。著書に『高等学校国語科 新科目編成とこれからの授業づくり』『文学の授業づくりハンドブック: 授業実践史をふまえて』など。

東直子(ひがし・なおこ)
1963年広島県生まれ。1996年、「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞受賞。2006年、『長崎くんの指』で小説家としてデビュー。2016年『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞受賞。

千葉聡(ちば・さとし)

1968年神奈川県生まれ。高校教諭、歌人。1998年、第41回短歌研究新人賞を受賞。歌集に『微熱体』『飛び跳ねる教室』『今日の放課後、短歌部へ!』など。歌書に『短歌は最強アイテム』など。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/9/11(火) 17:00~

2018/10/4(木) 18:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ