シェイク!Vol.15 ここが変だよバリアフリー ~障がい者とメディアの距離感と手ざわり~ in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. セミナー、勉強会

シェイク!Vol.15 ここが変だよバリアフリー ~障がい者とメディアの距離感と手ざわり~

2018/2/28(水) 19:30~2018/2/28(水) 21:00

イベント受付開始時間 2018/2/28(水) 19:15~

IPG本社

  • シェイク!Vol.15 ここが変だよバリアフリー ~障がい者とメディアの距離感と手ざわり~ イベント画像1

2018年初回のシェイク!は2月28日に開催します。
今回のテーマは、「ここが変だよバリアフリー ~障がい者とメディアの距離感と手ざわり~」です。  

現在、平昌パラリンピック、2020年東京パラリンピックの開催も控えています。
障がい者と書くか、障害者と書くか、障碍者と書くか。
ユニバーサルデザインや、インクルーシブデザインは特別対応の製品や環境なのか。
働き方改革の話とセットで語られることも増えてきました。

そんなふうにトピックとして取り上げられることがにわかに増していますが、障がい者を取り巻く環境の現実はどうなっているのでしょうか?
何が変化していて、何が変化していないのでしょうか。
後退しているものはないでしょうか?
障がい者と現状呼ばれ、健常者とは分けて扱われる彼ら・彼女たち自身がどんなことを思い、どんな風に仕事にしているのかの実際を、私達は案外知りません。
そして身近にいなければいないほど、日常的に接していないほど、遠巻きに情報をえて、理解しようとしてはいないでしょうか。

じゃあ、直接聞いてみたら良いんじゃないか?と考えました。

そこで今回のシェイク!は、
2012年にはじまり今も続いているエポックな番組で知られている『バリバラ』の発案者であり、
自身も障がいを持ちつつも、現在は『Rの法則』のディレクターとして活躍しているNHKの空門勇魚氏。

そして、フリーランスのグラフィックデザイナーとして活躍しながら、大学の研究員としてもインクルーシブデザインのプロセスを用いながら、障がいを持った人たちとアート作品を作ったり、商品づくりなどに取り組むライラ・カセム氏。

障がいという一見ハンデと思えるものを物ともせず自身の仕事に邁進されているお二人と、モデレーターにはご自身も積極的にパラリンピックのスポーツを体験されている博報堂DYメディアパートナーズの森永真弓氏を迎えて開催します。

一見重くなりがちなテーマですが、カジュアルに本音で話していただく予定です。
打ち合わせの際も、初めて知るような話が多く大変勉強になる時間となるはずです。

空門氏は言いました「バリバラはもう7年も経っているのに、まだ尖った番組だと言われていて、これって問題じゃないですか?」と。

ライラ氏は言いました「イギリスのテレビ番組では車椅子のキャスターもいるんだ」と。

当たり前が意外と当たり前じゃないことに気付くそんな時間に、シェイク!の15回目はしたいと思います。

どんな“シェイク”が生まれるか、当日をお楽しみに!
_______________________________________________________________

開催日:2月28日(水)
開催時間:19:15 開場 19:30 開始 21:00 終了予定
定員:30名
参加費:前売1500円 当日2000円
※当日のキャンセルは受付けられませんので、予めご了承ください。
_______________________________________________________________

申込方法
PASS MARKETにてお申し込みください。

本ページよりお申込みください。
_______________________________________________________________

<出演者>
空門勇魚
NHK制作局第1制作センター青少年・教育番組部ディレクター
1984年生まれ。2歳の時、病気により手足が不自由になり、車イス生活。
2006年NHK入局。大阪局時代に「バリバラ」の立ち上げに携わり、自身も数度出演。多目的トイレの変なバリアフリーをリポートしたことから、某巨大掲示板で一時期「トイレD」と呼ばれる。同番組でギャラクシー賞テレビ部門選奨、放送文化基金賞個人・グループ部門ほか受賞。現在はEテレ「Rの法則」を担当。
_______________________________________________________________

ライラ・カセム
デザイナー・大学研究員
グラフィックデザイナー。全国の福祉障がい者福祉施設などで行われている創作活動に興味をもち、福祉の現場の人とデザイナーを繋げる商品開発のプロジェクトなどを運営企画している。近年では渋谷区や楽天イーグルズなどともコラボレーションしている。定期的に「綾瀬ひまわり園」でアート講師をしてスタッフとともに知的障がいの利用者とアート作品とデザイン商品の制作・開発をしている。
_______________________________________________________________

森永真弓
博報堂DYメディアパートナーズ メディアコンテンツクリエイティブセンター / WOMマーケティング協議会 理事
通信会社勤務を経て博報堂に入社後、現在。 コンテンツやコミュニケーションの名バディとしてデジタルの活かし方を構想する裏方請負人。スポーツとオタク系コンテンツの領域に強い。プライベートでは同人誌発行、コミックマーケットへの参加などの活動も行う、自称「なけなしの精神力でコミュ障を打開する引きこもらない方のオタク」。 テレビ放映される全アニメ&ドラマの一話チェッカーのためクール初頭の土日、雑食系スポーツ観戦廃人のためオリンピック・パラリンピック・ワールドカップなどシーズンとは別の大型大会が開催されると勝手に忙しくなるタイプ。
共著に「グルメサイトで★★★(ホシ3つ)の店は、本当に美味しいのか」(マガジンハウス)。
属性:オタクオタク ジャンル:大量消費型DD

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/1/25(木) 11:00~

2018/2/28(水) 12:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

前売券

1,500円

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

shake@ipg.co.jp

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ