「出版のプロ」が教える!本を出したい人のための出版講座 ・東京開催 in東京

販売終了時間まで残り1時間です

  1. TOP
  2. セミナー、勉強会

「出版のプロ」が教える!本を出したい人のための出版講座 ・東京開催

2019/1/17(木) 19:00~2019/1/17(木) 21:00

イベント受付開始時間 2019/1/17(木) 18:45~

(株)アップルシードエージェンシー

  • 「出版のプロ」が教える!本を出したい人のための出版講座 ・東京開催 イベント画像1

  • 「出版のプロ」が教える!本を出したい人のための出版講座 ・東京開催 イベント画像2

  • 「出版のプロ」が教える!本を出したい人のための出版講座 ・東京開催 イベント画像3

こんにちは。
本を出版したい人のための書籍企画書作成講座 を開きます。


私たちは「作家のエージェト」の会社として2001年10月に創業し、18年めに入りました。社員6人で、その間1000冊以上の書籍をプロデュースし、200人以上の方を作家デビューに導きました。現在は120名ほどの作家をマネージメントし、ジャンルは小説から、ノンフィクション、実用、ビジネス書とさまざまなジャンルの作家をカバーしています。

最近、プロデュースした書籍は、
2018年
 西岡壱誠著「東大読書」(東洋経済新報社)13万部、
 奥田昌子著「内臓脂肪を最速で落とす」(幻冬舎新書)12万部
 ボーク重子著「世界最高の子育て」(ダイヤモンド社)3万部
2017年
『日本人の体質』奥田昌子(講談社)8万部
『花戦さ』(角川書店)8万部 2017年映画化 野村萬斎主演 日本アカデミー賞優秀作品賞ほか8部門受賞
<いつか読んでみたかった日本の古典シリーズ>(致知出版社)累計12万部
など、良質の書籍を世に出し続けているという自負があります。

作家デビューするためには、いいコンテンツがあること、いい企画書を書くこと、人脈があることです。
いい企画さえあれば、企画書を書くコツ、人脈は私たちのほうで提供します。

なので講座は主に企画書の書き方をお話しします。
1)企画書の書き方
  企画で重要な5つのポイントです。
  ・何を伝えたいかが明確化
  ・想定読者は明確か
  ・それをなぜあなたが書くのか?   ほか2つ
2) 具体的に皆様の企画書を売れる企画書に修正します。
     それは上記の5つのポイントを煮詰めるだけ。
3) 質疑応答
――――――――――――――――――――――――――――――――
※講座でご自身の企画書の講評を受けたい方は、1月14日(月)12時までに
メールで zemi@appleseed.co.jp までお送りください。
お送りいただいた方の中から、お一人の企画書を選び、
出版社の企画会議に通るレベルの企画書になるようにアドバイスをします。


会場:アップルシード・エージェンシー
   東京都新宿区揚場町2−12 セントラルコーポラス401
日時:2019年1月17日(金)19:00~21:00
会費:5000円(税込)
人数:限定18名
講師 :アップルシード・エージェンシー 代表・鬼塚忠
    作家のエージェント・作家。
    著作は『花戦さ』(映画化)、『Little DJ』(映画化)、
   『カルテット!』(映画化)など多数。
    これまでに自身の8作品を映画化させている。
    メディア歴
    テレビ朝日「サンデーステーション」、テレビ東京「ガイアの夜明け」など多数。
    「日経トレンディ」インタビュー記事:
     http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120801/1042284/?rt=nocnt
問合せ先:zemi@appleseed.co.jp
主催  :アップルシード・エージェンシー
     http://www.appleseed.co.jp/


過去実績例

2017年
『旗本金融道(一)銭が情けの新次郎』経塚丸雄(双葉社)第6回歴史時代作家クラブ新人賞
<新東京水上警察シリーズ>吉川英梨(講談社)8万部
2016年
『広告を着た野球選手 〜史上最弱ライオン軍の最強宣伝作戦〜』山際康之(河出書房新社)ミズノスポーツライター賞優秀賞
『エスカルゴ兄弟』津原泰水(角川書店)
2015年
『問題解決に効く「行為のデザイン」思考法』村田智明(CCCメディアハウス)5刷
2014年
『完全ガイド 100%得をする「ふるさと納税」生活』金森重樹(扶桑社)5万部
『最速上達 サッカー オフ・ザ・ボール』村松尚登(成美堂出版)9刷6万部
2013年
『死ぬときに後悔すること25』大津秀一 単行本(致知出版社)・文庫(新潮社) 28万部
『翔る合戦屋』北沢秋(双葉社)【合戦屋シリーズ50万部】
2012年
『奔る合戦屋』北沢秋(双葉社)14万部 単行本・文庫 
2011年
『16倍速勉強法』 本山勝寛 (光文社) 単行本・文庫 6万5千部
『手紙の作法』亀井ゆかり(かんき出版)3万部
2010年
『死ぬときに人はどうなる10の質問』大津秀一(致知出版社)4万5千部
『図解 残業ゼロで、仕事ができる人の習慣』夏川賀央(PHP研究所)4万部
2009年
『和田裕美の新・陽転思考』(ダイヤモンド社)5万部
『借金の底なし沼で知った お金の味』金森重樹(大和書房) 3万5千部
2008年
『情報は1冊のノートにまとめなさい』奥野宣之(Nanaブックス)32万部 
『モテたい理由−男の受難、女の業』赤坂真理(講談社現代新書) 3万部
『カリスマエージェントが教える!履歴書・職務経歴書の書き方』細井智彦(高橋書店)6万部
2007年
『部下は育てるな!取替えよ』長野慶太(光文社)5万部
『聴診器ブック』桐生迪介(日本実業出版社)8万部
『何のために働くのか』北尾吉孝(致知出版社)15万部
『Little DJ 小さな恋の物語』(ポプラ社)18万 映画化
2006年
『自分の小さな箱から脱出する方法』金森重樹監修(大和書房)50刷25万部 
『東大生が教える!超・暗記術』徳田和嘉子(ダイヤモンド社)14万部
『エンキョリレンアイ』小手鞠るい(世界文化社)13万部
2005年
『すごい会議』大橋禅太郎(大和書房)12万部
『人に好かれる話し方』和田裕美(大和書房)25万部
2004年
『超営業法』金森重樹(PHP研究所)4万部
2003年
『世界NO2セールスウーマンの売れる営業に変わる本』和田裕美(ダイヤモンド社) 22万部
『ニッポン非合法地帯』北芝健(扶桑社)8万部
『考具』加藤昌治(CCCメディアハウス)15万部 40刷
2002年
『海峡を渡るバイオリン』陳昌鉉(河出書房新社)8万部
フジテレビ45周年記念TVドラマ化 文化庁芸術祭優秀賞受賞
『歌舞伎町案内人』李小牧(角川書店)8万部 映画化!

有望な著者候補の方をお待ちしております。

コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2018/12/3(月) 18:00~

2019/1/17(木) 16:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

「出版のプロ」が教える!本を出したい人のための出版講座 ・東京開催

[販売期間] 12/3(月) 18:00~1/17(木) 16:00

5,000円受付中

お支払い方法

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

zemi@appleseed.co.jp

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ