塩谷歩波×小山薫堂「『湯道』を行く! ~わたしたちの偏愛銭湯」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 本、ゲーム、アニメ

塩谷歩波×小山薫堂「『湯道』を行く! ~わたしたちの偏愛銭湯」

『銭湯図解』(中央公論新社)刊行記念

2019/3/14(木) 20:00~2019/3/14(木) 22:00

イベント受付開始時間 2019/3/14(木) 19:30~

本屋B&B

  • 塩谷歩波×小山薫堂「『湯道』を行く! ~わたしたちの偏愛銭湯」 イベント画像1

2月20日に、塩谷歩波さんによる初の著書『銭湯図解』が刊行されます。

『銭湯図解』は、小杉湯番頭兼イラストレーターで設計事務所出身である塩谷さんが、建築の図法(アイソメトリック)を用い、銭湯の建物内部を精密な俯瞰図で描いたもの。Twitter上で発表されて話題となり、メディアでも多数取り上げられました。

銭湯への偏愛を語る塩谷さん自身にも注目が集まる今、待望の初の著書を刊行!同書に帯文を寄せたのは、ご自身もたいへんな銭湯好きである小山薫堂さん。

「こんな銭湯本が欲しかった!
初心者からマニアまで、全てのお風呂ファンを満足させる
銭湯の解体新書だ!」

今回、同書の刊行を記念してトークイベントを開催します。

イベントでは、描き下ろされた『銭湯図解』を塩谷さんに解説していただきつつ、小山さんが歩んできた「銭湯道」についても語っていただきます。 

若者を中心に、静かに広がっている銭湯ブーム。銭湯初心者から上級者まで必聴のイベントとなりそうです!

【出演者プロフィール】
塩谷歩波(えんや・ほなみ)
1990年、東京都生まれ。2015年に早稲田大学大学院(建築学専攻)修了後、都内の設計事務所に勤める。2016年末より銭湯の建物内部を俯瞰図で描く「銭湯図解」シリーズをSNS上で発表。現在は高円寺の銭湯・小杉湯で番頭として働くかたわら、イラストレーターとしても活動中。『旅の手帖』(交通新聞社)にて、「百年銭湯」を連載中。

小山薫堂(こやま・くんどう)
放送作家。京都造形芸術大学副学長。1964年熊本県生まれ。日本大学芸術学部放送学科在籍中に放送作家としての活動を開始。『料理の鉄人』『カノッサの屈辱』など斬新なテレビ番組を数多く企画。映画『おくりびと』で第32回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第81回米アカデミー賞外国語部門賞を獲得。執筆活動の他、地域・企業のプロジェクトアドバイザーなどを務める。「くまモン」の生みの親でもある。2015年より、現代に生きる日本人が、日常の習慣として疑わない「入浴」という行為を、ひとつの道として突き詰める「湯道」を提唱。現在、雑誌『Pen』で「湯道百選」を連載中。

コメント

予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円予定枚数終了

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ