2人の「夢の本屋」はどのようにして生まれたか in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 展示・展覧会、美術館

2人の「夢の本屋」はどのようにして生まれたか

小国貴司(BOOKS青いカバ)×竹田信弥(双子のライオン堂)

2018/3/17(土) 16:30~2018/3/17(土) 18:00

SOOO dramatic!(東京・入谷)

  • 2人の「夢の本屋」はどのようにして生まれたか イベント画像1

  • 2人の「夢の本屋」はどのようにして生まれたか イベント画像2

駒込で「ずっと GOOD BOOKS」をテーマに
『BOOKS青いカバ』を営む小国貴司さんと、
赤坂で選書専門店『双子のライオン堂』を営む
竹田信弥さん。

お二人は今回のイベントの発端となった
『まだまだ知らない 夢の本屋ガイド』の執筆者として、
死者のための選書をおこなう「月蝕書店」や
無人島で本と向き合う「アイランドブックストア」を
本と本屋への愛をたっぷり詰め込んで描かれています。

今回は、執筆秘話をはじめ、
作中のお互いの「本屋」についての感想や、
実際に夢の本屋があったらやってみたいことなど
夢の本屋「アイランドブックストア」と「月蝕書店」についてと、
ご自身が実際の本屋を運営する上でこだわっていることなど、
現役の書店店主だからこその「夢」と「現実」も徹底的に語っていただきます!

この機会にぜひ本屋さんに
いろいろ質問してみませんか?


------------------------------------
イベント詳細
------------------------------------
日時:2018年3月17日(土)
   16:30~18:00頃を予定

場所:SOOO dramatic! http://sooo-dramatic.com/
   〒110-0004 東京都台東区下谷1丁目11-15
   東京メトロ日比谷線「入谷駅」1番・2番出口から徒歩1分

登壇:小国貴司(BOOKS青いカバ)×竹田信弥(双子のライオン堂)

参加費:1,800円

※同会場では、『まだまだ知らない 夢の本屋ガイド』の掲載をもとにした
書店の出店や、夢の本屋実現委員オリジナルの展示&販売、
そのほか既存の書店様、出版社様、本に関わるサービスを運営されている方による
展示・販売ブースの出展など予定しております。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。
 

<ご参考>
『まだまだ知らない 夢の本屋ガイド』
(花田菜々子・北田博充・綾女欣伸/朝日出版社)https://www.asahipress.com/bookdetail_norm/9784255009636/

<SNSアカウント>
Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/410637912726194/
 
Twitterアカウント
https://twitter.com/genteiyumehon

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/3/4(日) 14:00~

2018/3/17(土) 16:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

トークイベント参加費

1,800円

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

genteiyumehon@gmail.com

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ