森永博志「身近なものを『藍染』で作品に! ~藍染ワークショップ」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

森永博志「身近なものを『藍染』で作品に! ~藍染ワークショップ」

2019/1/6(日) 15:00~2019/1/6(日) 17:00

イベント受付開始時間 2019/1/6(日) 14:30~

本屋B&B

  • 森永博志「身近なものを『藍染』で作品に! ~藍染ワークショップ」 イベント画像1

  • 森永博志「身近なものを『藍染』で作品に! ~藍染ワークショップ」 イベント画像2

音楽雑誌や、文芸誌、ストリート・マガジンの伝説的な編集者として知られる森永博志さん。

メディアを越境して、さまざまなものを編集し続ける森永さんが現在、最も力を注いでいるのは、なんと「藍染」なんです。

のれんや手ぬぐい、浴衣や風呂敷など、染料や薬草として身近にありながらも、現代においては、あまり意識されないまま日本の暮らしに寄り添ってきた藍。

その藍を用いて、DIY感覚で自在に身近にあるものを染める、さらに、バスキア気分で染料で絵を描き、シルクスクリーンで擦るアートなワークショップをB&Bで開催します。

講師は、なんと森永博志さん。

あなたも森永さんと一緒に、自分だけの「藍染作品」を作ってみませんか?

※染料を扱うので、汚れてもいい服装でご参加ください
※白いTシャツはご用意します。そのほか、汚れてしまったシャツなど染める衣料品などをご持参ください

【出演者プロフィール】
森永博志(もりなが・ひろし)
1950年生まれ、エディター&作家。音楽雑誌、文芸誌、ストリート・マガジン編集長。創刊当時の『POPEYE』『月刊PLAYBOY』『BRUTUS』で特集記事を担当していた編集者としても知られる。編集者としての代表作は『スネークマンショー南海の秘宝』、『小説王』、荒俣宏『帝都物語』、井上陽水『綺麗事』 、『パタゴニア・プレゼンツ』、『DOQROマガジン』など。代表的な著書は『原宿ゴールドラッシュ』、『ドロップアウトのえらいひと』、『アンランド・トリップ・ノート』、『あの路地をうろついているとき夢みたことは、ほぼ叶えている』ほか多数。最近、FM COCOLO『ラジオ・シャングリラ』のパーソナリティーを務める。

コメント

予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円予定枚数終了

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ