映画『がんと生きる 言葉の処方箋』筑西・水戸連続上映会

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 映画、舞台、演劇

映画『がんと生きる 言葉の処方箋』筑西・水戸連続上映会

2019/11/2(土) 10:00~2019/11/17(日) 21:00

  • 映画『がんと生きる 言葉の処方箋』筑西・水戸連続上映会 イベント画像1

【日時・会場】(上映時間119分)

 2019年11月2日(土)

 県西生涯学習センター

 〒308-0843 茨城県筑西市野殿1371

 13:30~入場受付開始

 14:00~開会

【問合せ】

がん哲学外来さいわいカフェ映画上映実行委員会

TEL:090-2178-6445(担当:えびさわ)

MAIL:gtsaiwaicafe@gmail.com


 

 2019年11月17日(日)

 茨城県立県民文化センター小ホール

 〒310-0851 茨城県水戸市千波町697番地

 1回目:10:30~

 2回目:14:00~

【問合せ】

「がんと生きる 言葉の処方箋」茨城上映会実行委員会

TEL:029-2263156(事務局:茨城映画センター)

【チケット】

前売:1,000円

当日:一般/1,300円

※入場は先着順となりますので、満席時には鑑賞時間の変更をお願いする事がございます。あらかじめ、御了承下さいますようお願い致します。

【作品紹介】

――全国各地に広がる「がん哲学外来メディカル・カフェ」に迫るドキュメンタリー。――

 「がん哲学外来」は順天堂大医学部教授の樋野興夫が提唱し2008年、病院内に期間限定で開いたのが始まり。そんな樋野教授の考え方に共鳴した市民や医師らが、病院や施設、個人宅など、全国約150箇所でカフェ形式の対話の場を開いている。それが「がん哲学外来メディカル・カフェ」。福井の大病院でがん哲学外来を実践する外科医。乳がんのうち希少がんに属するがんを経験後、自分の生きる使命に気づいた女性。乳がんを体験して地域の人々と悩みを分かち合う松本市のシングルマザー。9歳で脳腫瘍、中学2年の時に再発し、治療後、樋野教授に出会い、がんに悩む子供たちのためにカフェを開設した高校生。それぞれが、それぞれの立場で言葉の処方箋を投げかけあい、生きる力を作り出していく。

監督:野澤和之















































コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2019/9/30(月) 10:00~

2019/11/16(土) 17:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

前売券 11/17 茨城県立県民文化センター

1,000円

前売券 11/2 県西生涯学習センター

[販売期間] 9/30(月) 10:00~11/1(金) 17:00

1,000円

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

eiga-c@ibaraki-eiga.co.jp

電話番号

029-226-3156

10時~18時(平日)

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ