畑中章宏「連続レクチャー 宮本常一『忘れられた日本人』再読」第1回〈民俗と公共 in東京

  1. TOP
  2. その他

畑中章宏「連続レクチャー 宮本常一『忘れられた日本人』再読」第1回〈民俗と公共

2019/10/3(木) 20:00~2019/10/3(木) 22:00

イベント受付開始時間 2019/10/3(木) 19:30~

本屋B&B

  • 畑中章宏「連続レクチャー 宮本常一『忘れられた日本人』再読」第1回〈民俗と公共 イベント画像1

  • 畑中章宏「連続レクチャー 宮本常一『忘れられた日本人』再読」第1回〈民俗と公共 イベント画像2

民俗学者・宮本常一の代表作『忘れられた日本人』を、畑中章宏さんと3回に分けて読み解く連続レクチャーを開催します。

宮本常一(1907-1981)は日本列島を隅々まで調査し、人々の話に耳を傾けて、忘れ去られようとする民衆の暮らしを丹念に記録しました。その膨大な著作のなかでも、『忘れられた日本人』には先人の知恵と記憶が、生き生きとした語りでつなぎとめられています。

いまから60年近く前、1960年(昭和35年)に刊行されたこの本を読むことに、いまどのような意味があるのか? ここに描かれた民衆の生活文化から、現代の諸問題を解決する糸口を見い出すことはできるか?

今回の連続レクチャーでは、『死者の民主主義』や『21世紀の民俗学』などの著作を持つ畑中章宏さんが、この名作を3回に分けて読み直していきます。

第1回は〈民俗と公共〉をテーマに、「村の寄りあい」「名倉談義」「子供をさがす」「女の世間」までを取り上げます。

既読の方も、未読の方もふるってご参加ください!


第2回〈語ることの力〉(予定) 12月3日(火)
第3回〈伝承の方法〉(予定) 2020年2月4日(火)


【出演者プロフィール】
畑中章宏(はたなか・あきひろ)
民俗学者。『災害と妖怪』 (亜紀書房)、『ごん狐はなぜ撃ち殺されたのか』『蚕』(晶文社)、『『日本残酷物語』を読む』(平凡社新書)、『天災と日本人』(ちくま新書)、『21世紀の民俗学』(KADOKAWA)、『死者の民主主義』(トランスビュー)など著作多数。

コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2019/9/6(金) 09:00~

2019/10/3(木) 17:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

前売1500円+ドリンク500円(共に税別)

[販売期間] 10/1(火) 00:00~10/3(木) 17:30

2,200円受付前

前売1500円+ドリンク500円(共に税込)

[販売期間] 9/6(金) 09:00~9/30(月) 23:59

2,000円受付中

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ