鴻巣友季子×柚木麻子「翻訳とは、体を張った読書だ!」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

鴻巣友季子×柚木麻子「翻訳とは、体を張った読書だ!」

『翻訳ってなんだろう?』刊行記念

2018/8/3(金) 20:00~2018/8/3(金) 22:00

イベント受付開始時間 2018/8/3(金) 19:30~

本屋B&B

  • 鴻巣友季子×柚木麻子「翻訳とは、体を張った読書だ!」 イベント画像1

鴻巣友季子さんによる新書『翻訳ってなんだろう?』が、ちくまプリマー新書より好評発売中です。

翻訳とは、なにをするものなのだろう?
モンゴメリ『赤毛のアン』の「小難しい言葉」を訳すと「アンの屈折」がわかる。ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』の「言葉遊び」を訳すと「アリスのとまどい」がわかる。サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』の「口癖」を訳すと「ホールデン少年の孤独」がわかる。ジョージ・バーナード・ショー『ピグマリオン」の「完璧すぎる英語」を訳すと「イライザの痛み」がわかる。ヴァージニア・ウルフ『灯台へ』の「毛糸の色の違い」を訳すと、「まなざしの移ろい」がわかる……


本書は、誰もが知っている名作を、それぞれキーポイントを定めて訳すことで初めてわかる翻訳の醍醐味と作品の魅力に触れられる一冊。

今回
B&Bでは、『翻訳ってなんだろう?』刊行を記念してイベントを開催します。
対談のお相手にお迎えするのは、「古典名作を面白く斬らせたら右に出る者はいない!」と鴻巣さんが太鼓判を押す、小説家の柚木麻子さん。


昨年12月に柚木さんが刊行された『名作なんか、こわくない』には、ハーマン・メルヴィルの『白鯨』からカズオ・イシグロの『日の名残り』まで、世界の名作全57冊の読みどころが、柚木さんの視点ならではで紹介されています。


おふたりのトークからさらに深まる翻訳の世界、名作の魅力をお楽しみください。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/7/5(木) 15:00~

2018/8/3(金) 16:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ