田嶋リサ×都築響一「〈日常〉に新たな光をあててみた!なぜ人は、植物を鉢に植え、身近に置き育てるのだろうか?」 in東京

  1. TOP
  2. その他

田嶋リサ×都築響一「〈日常〉に新たな光をあててみた!なぜ人は、植物を鉢に植え、身近に置き育てるのだろうか?」

『鉢植えと人間』(法政大学出版局)刊行記念

2019/2/2(土) 19:00~2019/2/2(土) 21:00

イベント受付開始時間 2019/2/2(土) 18:30~

本屋B&B

  • 田嶋リサ×都築響一「〈日常〉に新たな光をあててみた!なぜ人は、植物を鉢に植え、身近に置き育てるのだろうか?」 イベント画像1

なぜ人は、植物を鉢に植え、身近に置き、育てるのでしょうか?
田嶋リサさんの新刊『鉢植えと人間』(法政大学出版局)はこのシンプルな問いに対する答えを探すため、田嶋さんが、2012年よりプロジェクトを開始し、人文科学の視座から考察した5年間の結果報告です。

B&Bではそんな本書の刊行を記念したイベントを開催します!

ゲストには都築響一さんをお呼びしました。誰もが何気なく見ている、知っているモノに、新たな光をあてさせたら右に出る者はいない都築さん。今回、本書のカバー写真も都築さんによる撮り下ろしとなっております。

「鉢植え」をひとつの例に、頭の中の疑問や違和感を言語化することや、表現するにはどうすればよのか、日常に「新たな光をあてる」ことの難しさ、面白さ、そして極意をお話いただきます。

ぜひご参加ください!


【出演者プロフィール】
田嶋リサ(たじま・りさ)
神奈川県出身。高校卒業後単身渡英,渡米。The State University of New York Rockland Community College卒業。帰国後,ラジオパーソナリティー,音楽ライター,音楽専門チャンネルVJを経て,1999年自作鉢に植栽した作品をPOPBONSAIと命名し発表,2000年代を中心に活動した後,鉢植えの文化研究を開始。立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科博士前期課程修了。法政大学大学院人文科学研究科国際日本学インスティチュート博士後期課程修了。学術博士。法政大学,東洋学園大学ほか兼任講師。著書:『英文版Pop Bonsai: Fun with Arranging Small Trees and Plants』(講談社インターナショナル,2004),『ボンサイダー養成講座101』(近代出版,2003)ほか。

都築響一(つづき きょういち)
1956年東京生まれ。1976年から1986年まで『POPEYE』『BRUTUS』誌で現代美術・建築・デザイン・都市生活などの記事を担当する。1989年から1992年にかけて、1980年代の世界現代美術の動向を包括的に網羅した全102巻の現代美術全集『アートランダム』を刊行。以来、現代美術・建築・写真・デザインなどの分野で執筆活動、書籍編集を続けている。1993年、東京人のリアルな暮らしを捉えた『TOKYO STYLE』を刊行。1997年、『ROADSIDE JAPAN』で第23回木村伊兵衛写真賞を受賞。現在に至るまで、秘宝館やスナック、独居老人など、無名の超人たちに光を当て、世界中のロードサイドを巡る取材を続行中。2012年より有料週刊メールマガジン『ROADSIDERS’weekly』を配信中。

コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2018/12/13(木) 20:00~

2019/2/2(土) 17:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円受付中

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ