松屋創業150周年記念 利休のかたち-継承されるデザインと心 展 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 展示・展覧会、美術館

松屋創業150周年記念 利休のかたち-継承されるデザインと心 展

2019/12/27(金) 10:00~2020/1/20(月) 17:00

松屋銀座8階イベントスクエア

  • 松屋創業150周年記念 利休のかたち-継承されるデザインと心 展 イベント画像1

Overview



会  期


2019年12月27日(金)-2020年1月20日(月)午前10時〜午後8時

※1月1日(祝・水)は休業。12月31日(火)は午後6時まで、1月2日(木)、5日(日)、13日(祝・月)、19日(日)は午後7時30分まで。最終日5時閉場。入場は閉場の30分前まで。


会  場


松屋銀座8階イベントスクエア


主  催


NHKプロモーション


企画協力


茶道資料館


前 売 券


一般700円、高校生500円、中学生400円、小学生300円

About

日本文化の礎の一つともいうべき「茶の湯」。本展は、その大成者千利休(1522~91)にまつわる道具を通じ、その「かたち」が現在まで脈々と受け継がれてきた軌跡と意義を紹介するものです。今日、茶の湯に用いる道具には、「利休好み」や「利休形」など、その名を冠したものが数多く存在します。利休が見出した品々、或いは創意による道具など。由来は様々ですが、いずれも継承されてきた「利休のかたち」です。

 利休が好み、つくり出した作品を通して、利休の美意識と作意をご覧いただくとともに、千家道具の制作にたずさわる職家の人々が、利休の「好み」や「型」を道標としてつくり伝えてきたさまざまな作品を文献史料とともに紹介します。

 新春のひととき、「赤樂茶碗 銘 白鷺」や「黒樂茶碗
銘 万代屋黒」をはじめとする作品や
料約80件を通じて、未来へ伝えるべき日本文化の「かたち」とその「こころ」にふれていただきたく、ご案内申し上げます。

作品名(右より):重要美術品 「唐物尻膨茶入 利休尻膨」(永青文庫 展示期間:
2020年1月11日~1月20日)、「黒中棗」、「湯の釜」(与次郎 作 武者小路千家官休庵)、「黒樂茶碗 銘 万代屋黒」(長次郎 作 樂美術館)




※場内混雑の場合はお待ちいただく場合もございます。
※場内での写真撮影はかたくお断りいたします。
※展示品にはお手を触れぬようお願い致します。
※場内でのご飲食、ならびに携帯電話のご使用はご遠慮ください。
※ご入場は閉場の30分前まで。(最終日は午後4時30分までにご入場ください。)
※再入場はできません。
※補助犬以外のペットを連れてのご入場はお断りいたします。
※会場内に取材が入る場合がございます。










コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2019/12/1(日) 12:00~

2019/12/26(木) 23:59

PassMarketのチケットについて

チケット情報

01.利休のかたち-継承されるデザインと心 展 一般前売券

700円

スマホ専用チケット

02.利休のかたち-継承されるデザインと心 展 高校生前売券

500円

スマホ専用チケット

03.利休のかたち-継承されるデザインと心 展 中学生前売券

400円

スマホ専用チケット

04.利休のかたち-継承されるデザインと心 展 小学生前売券

300円

スマホ専用チケット

お支払い方法

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

主催者のFacebookページ

お問い合わせ先

メールアドレス

info-ginza@matsuya.com

電話番号

03-3567-1211

午前10時〜午後8時(営業時間)

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ