トンミ・キンヌネン×平松洋子「フィンランドの家と女性たち」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

トンミ・キンヌネン×平松洋子「フィンランドの家と女性たち」

『四人の交差点』(新潮クレスト・ブックス)刊行記念

2016/10/20(木) 20:00~2016/10/20(木) 22:00

イベント受付開始時間 2016/10/20(木) 19:30~

本屋B&B

  • トンミ・キンヌネン×平松洋子「フィンランドの家と女性たち」 イベント画像1

『四人の交差点』(古市真由美訳、新潮クレスト・ブックス)の邦訳刊行に合わせてフィンランドから初来日するトンミ・キンヌネンさんと、エッセイスト平松洋子さんのトークイベントが開催されます!

トンミ・キンヌネン著『四人の交差点』は、デビュー作でありながら数多くの文学賞を受賞し、13週連続で国内ランキング第1位の売り上げを記録。三世代にわたるフィンランドの女性たちの人生の記録であり、家を建て、改築し、そこに暮らすことをめぐる物語でもあります。

対談のお相手は、食を中心に世界各地の文化に造詣が深いエッセイストで、すぐれた書評家でもある平松洋子さん。『四人の交差点』の中で生き生きと描かれる女性たちのこと、家のこと、フィンランドの文化のこと等々、たっぷりお話しいただきます。



トンミ・キンヌネン
フィンランド北東部クーサモ生まれ。トゥルク大学卒業後、教師として十代の若者に国語と文学を教える一方、舞台の脚本等も手がける。2014年刊行の『四人の交差点』はデビュー作ながらヌオリ・アレクシス賞、キートス・キルヤスタ賞など多数の賞を受賞、舞台化もされ、16か国で翻訳出版予定。家族とともに南西部の都市トゥルクに住む。

平松洋子(ひらまつ・ようこ)
エッセイスト。食文化と暮らし、文芸と作家をテーマに執筆している。著書に『買えない味』(Bunkamura ドゥマゴ文学賞受賞)、『野蛮な読書』(講談社エッセイ賞受賞)、『夜中にジャムを煮る』、『焼き餃子と名画座』、『いま教わりたい和食』、『食べる私』、小川洋子との共著『洋子さんの本棚』ほか。最新刊『彼女の家出』。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2016/9/30(金) 16:00~

2016/10/20(木) 17:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2021 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ