古川勝久×長島昭久「国連・国会・北朝鮮『立ち入り禁止』の現場から」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. セミナー、勉強会

古川勝久×長島昭久「国連・国会・北朝鮮『立ち入り禁止』の現場から」

『北朝鮮 核の資金源〜「国連捜査」秘録〜』(古川勝久著)新潮ドキュメント賞受賞記念イベント

2018/10/16(火) 19:00~2018/10/16(火) 20:30

イベント受付開始時間 2018/10/16(火) 18:30~

la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko

  • 古川勝久×長島昭久「国連・国会・北朝鮮『立ち入り禁止』の現場から」 イベント画像1


 事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ――この名セリフ、覚えていますか? 会議室に入り浸っているのは論外ですが、毎日報じられるニュースを注意深くチェックしていても、わかるのは世の中で起こっていることの一部にすぎません。「本当のこと」を知っているのは、いつだって現場にいる人です。

 今回ご登壇いただくのは、現場を知り尽くしたプロ。
 古川さんは、国連安保理で北朝鮮の制裁逃れ事件を捜査し続けた人物です。その経験を元に『北朝鮮 核の資金源』を書き上げ、このたび新潮ドキュメント賞を受賞されました。そして長島さんは、現職の国会議員として外交や安全保障の現場を見聞きしています。実はふたりは、大学時代に親交を結び、「平成維新の会」やアメリカのシンクタンク「外交問題評議会」などでタッグを組んで闘った熱血コンビでもあるのです。

 太平洋をまたいだふたつの現場から語り合うテーマは、「なぜ北朝鮮は締め上げても音を上げないのか」。でも歯に衣着せぬ直言居士たちですから、北朝鮮をめぐる最新情勢のレクチャーで終わるはずがありません。「不都合な真実」に満ちた話を聞き終えたとき、この世界が一変して見えていることでしょう。ご期待ください!


※チケット購入時に参加者の皆さんから古川さん、長島さんへの質問を受け付けております。ぜひお寄せください。なお、時間の都合上すべての質問にお答えできない可能性がありますことご了承ください。

※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。

※開場は開演の30分前です。

------------------------------------
プロフィール
古川勝久(ふるかわ・かつひさ)
国連安保理「北朝鮮制裁委員会」専門家パネル元委員(2011.10-2016.4)。1966年シンガポール生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。日本鋼管株式会社勤務後、93年より平成維新の会勤務。98年米ハーバード大学ケネディ政治行政大学院にて修士号取得後、アメリカン・エンタープライズ研究所、外交問題評議会、モントレー国際問題研究所、科学技術振興機構社会技術研究開発センターなどで研究員を歴任。国連の専門家パネルを離任してからも、制裁の網の目をくぐって北朝鮮へ流れ込むヒト・モノ・カネの動きを独自に追い続けている。

長島昭久(ながしま・あきひさ)
衆議院議員、元防衛副大臣。1962年神奈川県横浜市出身。慶應義塾大学法学部卒業。同大学院法学研究科を修了後、平成維新の会を経て米ジョンズ・ホプキンス大学SAISで国際関係論の修士号取得、米外交問題評議会研究員(アジア政策担当)に就任。2003年の衆議院議員総選挙で初当選以来、6回連続当選。外交、安全保障に通じ、歯に衣着せぬ発言に定評がある。著書に『国防の論点 日本人が知らない本当の国家危機』(石破茂、森本敏氏との共著)『「活米」という流儀 外交・安全保障のリアリズム』など。

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/9/10(月) 12:00~

2018/10/16(火) 16:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

自由席

2,000円

自由席(神楽坂ブック倶楽部会員限定)

1,800円予定枚数終了

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

sokoinfo@shinchosha.co.jp

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ