安田浩一×津田大介『学校では教えてくれない差別と排除の話』(皓星社)刊行記念 in東京

  1. TOP
  2. その他

安田浩一×津田大介『学校では教えてくれない差別と排除の話』(皓星社)刊行記念

「沖縄と差別と排除とーーなぜ沖縄は差別・排除の対象となるのか」

2017/11/23(木) 19:00~2017/11/23(木) 21:00

イベント受付開始時間 2017/11/23(木) 18:30~

本屋B&B

  • 安田浩一×津田大介『学校では教えてくれない差別と排除の話』(皓星社)刊行記念 イベント画像1

沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、国による沖縄の排除の実態が顕在化している。新基地建設に反対する人々は、連日、抗議の声をあげている。そんななか、1011日には東村高江の民間牧草地に米軍輸送ヘリCH53Eが墜落・炎上した。辺野古沿岸部の埋め立て承認を翁長雄志知事が取り消してから2年が経つ。しかし、知事の意向は最高裁によって反故にされ、沖縄防衛局は埋め立て工事を進めている。おもにネット上では、「百田発言」に見られるような、沖縄に対する偏見や差別、排除のまなざしは、いまだに後をたたない。なぜ沖縄は、国から、ネトウヨから、そして一般の人々から差別され、排除されるのか。新刊『学校では教えてくれない差別と排除の話』で沖縄の差別と排除について触れた安田浩一が、沖縄に詳しいジャーナリストの津田大介氏と、沖縄の現状とこれからを徹底討論!だれがどのように沖縄を差別し、だれがどのように沖縄を排除しているのか?

安田浩一(やすだ・こういち)
ジャーナリスト。1964年、静岡県生まれ。「週刊宝石」などを経てフリーライターに。外国人労働者問題などをテーマに取材活動を続け、「ネトウヨ」とされる在特会を取材した『ネットと愛国』(講談社)で2012年の講談社ノンフィクション賞を受賞。2015年、『ルポ 外国人「隷属」労働者』(「G2vol.17)で第46回大宅壮一ノンフィクション賞雑誌部門受賞。著書に『ルポ 差別と貧困の外国人労働者』(光文社新書)、『ヘイトスピーチ』(文春新書)、『沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか』(朝日新聞出版)など多数。

津田大介(つだ・だいすけ)
ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。()ネオローグ代表取締役。「ポリタス」編集長。1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。早稲田大学文学学術院教授。大阪経済大学情報社会学部客員教授。テレ朝チャンネル2「津田大介日本にプラス+」キャスター。JWAVEJAM THE WORLD」ナビゲーター。一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)代表理事。メディア、ジャーナリズム、IT・ネットサービス、コンテンツビジネス、著作権問題などを専門分野に執筆活動を行う。

コメント

予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円予定枚数終了

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ