神田桂一×菊池良×仲俣暁生×山本貴光「なぜ『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』は10万部も売れたのか?」 in東京

  1. TOP
  2. その他

神田桂一×菊池良×仲俣暁生×山本貴光「なぜ『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』は10万部も売れたのか?」

『もし文豪たちがカップ焼きそばの 作り方を書いたら 青のりMAX』(宝島社)『文学問題(F+f)+』(幻戯書房)刊行記念

2017/12/15(金) 20:00~2017/12/15(金) 22:00

イベント受付開始時間 2017/12/15(金) 19:30~

本屋B&B

さまざまな文豪の文体模写をした神田桂一さん・菊池良さんの『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』。

発行部数は10万部を超え、続編『青のりMAX』の発売も決定しました。

なぜこの本がここまで売れたのか?

著者2人にも分からない難問を、『文学問題(F+f)+』を出したばかりの文筆家・山本貴光さん、フリー編集者の仲俣暁生さんを交えて徹底討論します。

さらにイベントでは、220人の文体模写をした神田さん・菊池さんによる文体模写講座も実施。

誰でも『もしそば』が書けるように文体模写をレクチャーし、その場で文体模写コンテストを開催。

優秀者には神田・菊池のサイン入り「カップ焼きそば」をプレゼントします!

【出演者プロフィール】
神田桂一(かんだ・けいいち)
フリーライター・編集者。一般企業勤務から、週刊誌『FLASH』の記者に。その後、ドワンゴ「ニコニコニュース」編集部などを経てフリー。雑誌は『ポパイ』『ケトル』『スペクテイター』『クイックジャパン』『TRANSIT』などカルチャー誌を中心に活動中。

菊池良(きくち・りょう)
ライター・Web編集者。学生時代に公開したWebサイト「世界一即戦力な男」がヒットし、書籍化、Webドラマ化される。現在の主な仕事はWebメディアの企画、執筆、編集など。

仲俣暁生(なかまた・あきお)
フリー編集者、文芸評論家。『ワイアード日本版』『季刊・本とコンピュータ』などの編集部を経て、現在はWebサイト『マガジン航』編集発行人をしつつ文芸にかんする文筆活動も行う。著書『ポスト・ムラカミの日本文学』(朝日出版社)、『極西文学論』(晶文社)、『再起動せよと雑誌はいう』(京阪神エルマガジン社)ほか。

山本貴光(やまもと・たかみつ)
文筆家・ゲーム作家。コーエーでゲーム制作の後、フリーランスで書いたり教えたりしている。著書に『「百学連環」を読む』、『文体の科学』、『世界が変わるプログラム入門』、『脳がわかれば心がわかるか』(吉川浩満との共著)、訳書にサレン&ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ』など。東京工芸大学で非常勤講師、モブキャストとプロ契約中。

コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2017/11/11(土) 11:00~

2017/12/15(金) 18:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円受付中

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ