長塚圭史×田中大介「阿佐ヶ谷スパイダース『劇団化』を語る!」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

長塚圭史×田中大介「阿佐ヶ谷スパイダース『劇団化』を語る!」

『MAKOTO』上演記念

2018/7/16(月) 19:00~2018/7/16(月) 21:00

イベント受付開始時間 2018/7/16(月) 18:30~

本屋B&B

  • 長塚圭史×田中大介「阿佐ヶ谷スパイダース『劇団化』を語る!」 イベント画像1

  • 長塚圭史×田中大介「阿佐ヶ谷スパイダース『劇団化』を語る!」 イベント画像2

1996年の旗揚げから演劇界を牽引してきた演劇プロデュース・ユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」が、組織体制を一新し、劇団として再スタート。8月9日から新作『MAKOTO』が上演されます。

阿佐ヶ谷スパイダースの主宰であり、作・演出と俳優を務める長塚圭史さんが登場。創作コミュニティとしての「劇団」を築いていくという阿佐ヶ谷スパイダースを、今後どのように展開してくのか、また、新作の舞台『MAKOTO』について語ります。さらには昨今の演劇シーンについて思うところなど、語られるテーマは多岐にわたります。

新たなスタートを切る第1弾『MAKOTO』は、2016年の『はたらくおとこ』上演中に草案し、2年間にわたって温められてきた失意の男のドラマ。医療事故で妻を失った自称漫画家の物語は、いったいどんな作品として、舞台上に立ち上がっていくのか? 聞き手となるのは徳間書店の田中大介さん。下北沢の夜にふさわしい“演劇トーク”を展開します。ご期待ください!

※当日は取材によるカメラ撮影がございます

【出演者プロフィール】
長塚圭史(ながつか・けいし)
1975年生まれ。劇作家、演出家、俳優。96年に演劇プロデュース・ユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を結成、主宰としてほぼ全作品の作・演出を手がける。04年の『はたらくおとこ』の作・演出、『ピローマン』の演出で、第4回朝日舞台芸術賞と芸術選奨新人賞を受賞。08年、文化庁・新進芸術家海外留学制度でイギリスに留学。自身の作品のみならず、マーティン・マクドナー、三好十郎といった劇作家の作品の演出も手がけている。また、映画『花筐/HANAGATAMI』やNHK連続テレビ小説『あさが来た』など、映像作品も多数出演。8月9日より、阿佐ヶ谷スパイダース公演『MAKOTO』が上演される。

田中大介(たなか・だいすけ)
1977年生まれ。徳間書店学芸編集部所属。週刊誌記者、映画雑誌編集者等を経て現職。ビジネス書、実用書、演劇関連書などの書籍を担当。ライターとして『えんぶ』『SPICE』に寄稿するほか、演劇作品DVDのライナーノーツも執筆。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/6/18(月) 17:00~

2018/7/16(月) 16:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ