橋口譲二×寺尾紗穂 「声に寄り添う〜個人として、表現者として」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

橋口譲二×寺尾紗穂 「声に寄り添う〜個人として、表現者として」

『ひとりの記憶 海の向こうの戦争と、生き抜いた人たち』(文藝春秋)刊行記念

2016/6/11(土) 15:00~2016/6/11(土) 17:00

イベント受付開始時間 2016/6/11(土) 14:30~

B&B

  • 橋口譲二×寺尾紗穂 「声に寄り添う〜個人として、表現者として」 イベント画像1

写真家の橋口譲二さんが著した『ひとりの記憶 海の向こうの戦争と、生き抜いた人たち』の刊行を記念して、トークイベントを開催いたします。太平洋戦争の前後に旧植民地や国外に渡り、戦争終結後も自らの意志で現地にとどまることを選び、そこで暮らしている人たちがいました。それは元兵士たちだけではありません。本書は、彼ら/彼女らに会うために、インドネシア、台湾、中国、韓国、サイパン、ロシア、キューバなどを訪ね歩いた橋口さんが、これまで取り組んできた写真集や通常のノンフィクションとも異なる新たな表現を模索しながら、最初の取材から刊行までに20年の歳月をかけて書き下ろされた作品です。

“今を生きる僕らは日々の生活の中で人間関係や社会や現実との付き合い方に悩み、希望や挫折を繰り返している。当たり前のことだが戦前、戦中、戦後を生きた人たちも僕らと同じ人間で個々の悩みや問題を抱え、希望を持って生きて来ていたはず。(…)個人を見つめるその人の語る言葉に寄り添うことで、僕らが知らない「戦争」やあの時代を生きていた人たちが見ていた希望や夢に近づけるかもしれない。” ——「まえがき」より


収録された10人それぞれの生き方からは、「戦争」という言葉で一括りにされることで抜け落ちてしまう、当時の社会の雰囲気や多様な個人の価値観が伝わってくると同時に、寛容さが失われつつある現在の社会を逆照射してくるようです。


そして今回のトークの相手には、ミュージシャンの寺尾紗穂さんをお迎えします。同じく日本統治時代の旧南洋諸島で営まれていた人々の生活に興味を抱いた寺尾さんも、サイパンや沖縄、八丈島へと赴いて独自の調査を重ね、南洋の地で紡がれた人々の交流や記憶、戦争の痕跡を「個」の視点から書き記した『南洋と私』(リトルモア)を昨年出版されています。世代も職業を違う2人に共通する、戦争を知らない私たちに伝えたかったこととは? 初対面となる2人の表現者の対話にご期待ください。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2016/4/29(金) 18:00~

2016/6/11(土) 13:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

1500 ticket + 500 drink

2,000円

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

0364508272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2022 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ