原雅明×荒内佑「新しい音楽はどこから生まれるのか?――ミュージシャンとジャーナリストが語る実践的覚書」 in東京

販売終了時間まで残り1時間です

  1. TOP
  2. その他

原雅明×荒内佑「新しい音楽はどこから生まれるのか?――ミュージシャンとジャーナリストが語る実践的覚書」

『Jazz Thing ジャズという何か』(DU BOOKS)刊行記念

2018/6/22(金) 20:00~2018/6/22(金) 22:00

イベント受付開始時間 2018/6/22(金) 19:30~

本屋B&B

  • 原雅明×荒内佑「新しい音楽はどこから生まれるのか?――ミュージシャンとジャーナリストが語る実践的覚書」 イベント画像1

  • 原雅明×荒内佑「新しい音楽はどこから生まれるのか?――ミュージシャンとジャーナリストが語る実践的覚書」 イベント画像2

話題の新譜『POLY LIFE MULTI SOUL』でポリリズム、クロスリズムへの果敢なアプローチをみせたcero。

そのサウンドの要を握る荒内佑さんが影響を受けた音楽の一つが、80年代のオーネット・コールマンやスティーヴ・コールマンのフリー・ファンク。

それらは、音楽ジャーナリスト・ライター原雅明さんの新刊『Jazz Thing ジャズという何か』でもその重要性が指摘された音楽でもあります。

これまで取材という場で話をしてきたお二人が、共に関心を寄せる「ジャズという何か」「サウンド」について語ります。

二人が注目する楽曲などを流しながら、これからの音楽の可能性を探る、音楽ファン必聴のスペシャルなトーク・セッション!

【出演者プロフィール】
原雅明(はら・まさあき)
編集者を経て、80年代末から音楽ジャーナリスト/ライターとして執筆活動を開始。日本のインターネット黎明期に影響を与えた『ネット・トラヴェラーズ'95』の編集・執筆なども。HEADZの設立と雑誌FADERの創刊など、レーベル運営やイベントの実践も通じて、日本のブレイクビーツ、エレクトロニックミュージック・シーンの前進に大きく貢献。フライング・ロータスらを輩出したビート・ミュージックの最重要イベント『LOW END THEORY』などを日本で企画。前著は、「Jazz The New Chapter」にもインスパイアを与え、シーンのキーパーソンとして、多数の論考を寄稿。現在は執筆活動とともに、ringsのプロデューサーとして、新たな潮流となる音源の紹介に務めている。

荒内佑(あらうち・ゆう)
音楽家。ceroのKeyboard担当。多くの楽曲で作曲、作詞も手がける。その他、プロデュース、楽曲提供、Remixなども行っている。webちくまでコラムも連載中。4th Album『POLY LIFE MULTI SOUL』リリースに伴い全国ワンマンツアーも開催。

コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2018/5/19(土) 12:00~

2018/6/22(金) 17:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円受付中

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ