米国のテクノロジー企業は大きすぎる?【IT社会の英語ニュースについて議論する】第34回 6/6(木)20時 @オンライン

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 教室、ワークショップ

米国のテクノロジー企業は大きすぎる?【IT社会の英語ニュースについて議論する】第34回 6/6(木)20時 @オンライン

グローバルな場で必要な英語力て何?「ITと社会」を英語で理解し、発信するための新英語ワークショップ。

2024/6/6(木) 20:00~2024/6/6(木) 21:30

  • 米国のテクノロジー企業は大きすぎる?【IT社会の英語ニュースについて議論する】第34回 6/6(木)20時 @オンライン イベント画像1

  • 米国のテクノロジー企業は大きすぎる?【IT社会の英語ニュースについて議論する】第34回 6/6(木)20時 @オンライン イベント画像2

2023年から始まったワークショップ[IT社会の英語ニュースについて議論する]第34回開催のお知らせです。今回は書籍 [VOAで聞き読み IT社会の英語ニュース入門]のなかの[Topic 17] グローバルIT企業の功罪と法規制という話題を取り上げます。教材は書籍の記事[Are American Technology Companies Too Big? ](webで閲覧可)を利用します。詳細は以下のセクションでご確認ください。

ワークショップ第34回「アメリカのテクノロジー企業は大きすぎる?」

今回のワークショップは、VOAが報じた記事「アメリカのテクノロジー企業は大きすぎる?」について議論します。

現在、世界の経済学で主流的地位を占める「新自由主義」は18世紀に誕生した古典派経済学の父と呼ばれるアダム・スミスがその著書『国富論(諸国民の富)』で用いた言葉「見えざる手」という概念から発達した経済思想です。近代的な資本主義が生まれつつあったその時代、その主張は「市場経済のしくみのなかで、各個人や企業が自己の利益を追求すれば、見えざる手に導かれて社会全体で適切に資源が配分され、社会の繁栄と調和につながる」といったものでした。その思想は、19世紀に「自由放任主義(レッセフェール)経済」として、さらに発展し、市場経済の仕組みがその後の産業社会全体を形作ることになりました。

アダム・スミスとはどんな人物?経済学との関係や経済思想を解説 

https://money-bu-jpx.com/news/article047350/

 一方、19世紀後半には、自由な市場の論理だけでは「自由で公正な競争」は担保されない、という認識も広まりました。資本主義経済の発展とともに巨大化した一部の大企業による市場の寡占や独占が進行し、公正な競争を阻害するルールを設けて、ライバル企業を蹴落としたり、消費者にとって不利な価格や条件を設定するようになったからです。もし、ある製品を一社だけが独占的に販売し、その企業だけからしか買えないとしたら、どうなるでしょう?そして、それが私たちの生活に欠かせないもの、例えば、ガソリンや電力、電話サービスであるなら、それがどんなに高価格でも、私たちはその製品をその企業から購入する以外に選択肢はありません。

近現代史シリーズ--公正で自由な競争の必要性と米反トラスト法の歴史

https://www.jstage.jst.go.jp/article/hiroshimashosenkiyo/44/0/44_09/_pdf/-char/ja

特定の企業やグループによる独占や寡占を防ぐ「独占禁止法」は、19世紀の終わりに、米国で初めて制定され、その後、世界各国に広がりました。ロックフェラー家の創始者ジョン・ロックフェラーは、1870年にスタンダード・オイル社を創立し、その後巨大財閥のスタンダード・オイル・トラストを形成しました。同社が行った価格協定などが消費者に不利益を与えるとして、米連邦議会は1890年に反トラスト法であるシャーマン法を制定、これが世界初の独占禁止法でした。

独占禁止法の歴史をわかりやすく解説 日本と各国の特徴と最新の動き

https://compliance.lightworks.co.jp/learn/antitrust-law-history/

しかし、現代の米国のテクノロジー企業は、19世紀の米国の巨大財閥企業に匹敵するぐらい市場を独占し、消費者は非常に弱い立場に置かれている、よって、彼らの「自由な」企業活動に対してもっと「目を光らせる」必要がある、と主張しているのがEUです。そして、米国の連邦議会でも彼らの企業活動により厳しい規制を課すべきだとの声が高まっています。

US Congress Looks at Ways to Regulate Technology Companies

https://learningenglish.voanews.com/a/us-congress-looks-at-ways-to-regulate-technology-companies/7085317.html

あなたは、このテーマについてどう思いますか。この記事はウェブで読めますので、初めての方も是非、ご参加ください。ワークショップの内容は以下のとおりです。

日時: 2024年 6月6日(木)20時~21時30分

場所: オンライン

定員: 参加者は10名程度まで(但し、見学者は含まない)

費用: 見学のみ: 500円、初回参加者:800円(オンラインのみ)~

教材は以下のHPでご確認ください。「ITと社会」の各テーマに関する解説も含まれていますので、できるだけ、テキストを購入されることをお薦めします。準備なしでは設問には答えられないと思います。設問は参加予定者及びオンライン・サロン/有料ニュースレター会員に送付します。


[教材]

Are American Technology Companies Too Big?

https://learningenglish.voanews.com/a/are-american-technology-companies-too-big-/5014031.html


チケット

チケットはYahooチケット・サイトから購入、もしくは銀行振込みでお願いいたします。

アメリカのテクノロジー企業は大きすぎる?【IT社会の英語ニュースについて議論する】第34回 6/6(木)20時 @オンライン

また銀行振り込みの場合、以下のサイトから用紙をダウンロードしてご利用ください。

https://www.global-agenda-21c.com/contact

ワークショップ 「IT社会の英語ニュースについて議論する」

2023年3月半ばから「IT社会の英語ニュースについて議論する」を始めます。デジタル社会の急速な進展を受けて、労働者全員が世界のIT開発の動向とそれが社会や企業活動に与えるインパクトについて知るべき時代となりました。パンデミックからポスト・コロナの世界では、以前にもまして、デジタル技術の方向性をいち早く知り、それを使ったイノベーションを世界の人々と共有する時代になりました。いくら翻訳ソフトが進化したとはいえ、日本語だけでは、情報収集にも限界があります。また、世界共通語となった英語を自在に使えるようにならなければ、変化の激しいビジネスの世界で、今後の個人及び企業の成長は望めません。

このワークショップは世界のデジタル・サービスの現状及びそれが社会に及ぼす影響を英語で理解し、それらに関する意見を自分で発信することにより、英語力とコミュニュケーション・スキルの増強を同時に図る、という画期的なプログラムです。コロナ期間の3年間、オンラインでワークショップを開催してきましたが、ワークショップの参加者の満足度は高く、変わりゆく世界の最新英語ニュースをいち早く理解するとともに、自分の意見を英語で伝える楽しさにも目覚めた、と言います。「IT社会の英語ニュースについて議論する」も参加者に新しい力と自信を与えるものになる内容である、と確信しています。

「VOAで聞き読み IT社会の英語ニュース入門」の英語は難解ではありません。しかし、関連する社会問題を理解していないと発言できないテーマばかりです。今後の予定としては月2-3回(対面でのSDG英語ニュースも別途開催予定)、エッセイをグループで議論し、これらにITに関わる社会問題を英語で自分でも発信できるようにすることが目標です。ワークショップはグローバル・アジェンダが開発したフォーマットを利用します。 「IT社会の英語ニュースについて議論する」はIT社会の17のテーマ全てについてVoice of America (VOA)の記事を利用し、英語で議論します。詳細は以下のマガジンでご確認ください。

IT社会の英語ニュースについて議論する

VOAで聞き読み IT社会の英語ニュース入門


以下、出版社のサイトからの抜粋です。 IT社会の「今」を英語で知るための入門書。VOAニュース29本を厳選!

こんな方に最適

  • 高校レベル以上の英語を学んでおり、もう少し広いテーマを用いて英語を学びたい方
  • ITを用いたサービスやIT企業の動きなどについて、英語で情報(特にニュース記事)を集めたい方
  • IT関連ニュースに興味があり、できればそれをテーマに英語を学んでみたい方

【本書の構成】

Part 1「コロナとIT」

[Topic 1] リモートワークとオンライン授業
[Topic 2] ITと文化(1) コロナ禍で進む文化のオンライン化
[Topic 3] IT社会を支える基盤: グローバルサプライチェーン
[Topic 4] ITを活用したコロナウイルスへの対抗

Part2 「ITがもたらす社会の変化」

[Topic 5] 新しいビジネスを拓くテクノロジー: 5Gと人工知能
[Topic 6] テクノロジーがもたらす仕事の未来: ロボットと自動化
[Topic 7] 「拡張された現実感」: 視覚インターフェースの未来
[Topic 8] ブロックチェーン: 新しい「所有」の形
[Topic 9] ITと文化(2) デジタルゲームとSNS
[Topic 10] 広がるIT活躍の場: 教育現場とヘルスケア

Part 3「ITとトラブル」

[Topic 11] IT社会の安全を脅かすサイバー攻撃: 不正アクセス・コンピューターウイルス
[Topic 12] 用心するべきネットの情報: ねつ造と「不適切なコンテンツ」
[Topic 13] プライバシーと個人情報: インターネット利用者の権利
[Topic 14] デジタル機器の健康問題

Part4 「ITを巡る世界の動静」

[Topic 15] デジタル超大国、中国の現在
[Topic 16] IT国際情勢: サイバー戦争、情報統制
[Topic 17] グローバルIT企業の功罪と法規制

チケット販売期間外です

販売
期間

2024/6/2(日) 17:00~

2024/6/6(木) 18:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

サロン&ゴールド会員@オンライン

1,900円

一般@オンライン

2,350円

初回参加者@オンライン

800円

回数券(3回分)

6,750円

有料ニュースレター会員(月1回)@オンライン

1,900円

見学のみ@オンライン

500円

販売条件

オンラインワークショップはGoogle Meetを利用します。 【キャンセルポリシー】有料の場合、返金はありません。キャンセルされた場合、次回のワークショップに振り替え、または手数料などを除いた実費のバウチャーをお渡しします。 オンラインでは、通信上の問題が発生する場合がありますが、不具合の場合、次回無料で参加できます。

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

Yahoo!ウォレット(クレジットカード)

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

Yahoo!ウォレットに登録されたカードのみ利用可能です。詳細はこちらをご確認ください。

コンビニ決済

コンビニ決済は別途手数料がかかります。
またお支払い期限がございます。
詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

its.globaleducation@gmail.com

電話番号

050-5899-5753

9時から21時

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


▲このページのトップへ