舛添要一×適菜収「ヒトラーはいつだって甦る ――永田町のバカへの警告」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

舛添要一×適菜収「ヒトラーはいつだって甦る ――永田町のバカへの警告」

『ヒトラーの正体』(小学館) 刊行記念

2019/9/7(土) 15:00~2019/9/7(土) 17:00

イベント受付開始時間 2019/9/7(土) 14:30~

本屋B&B

  • 舛添要一×適菜収「ヒトラーはいつだって甦る ――永田町のバカへの警告」 イベント画像1

  • 舛添要一×適菜収「ヒトラーはいつだって甦る ――永田町のバカへの警告」 イベント画像2

  • 舛添要一×適菜収「ヒトラーはいつだって甦る ――永田町のバカへの警告」 イベント画像3

トランプ旋風、極右政党の台頭などポピュリズムが跋扈している現代。

ヒトラー生誕は130年も昔ですが、この男が広めた自国ファースト、排外主義といった病は、今も世界の至る所で見られます。

もちろん日本も例外ではなく、政治への無関心、政治家への諦念が、新たなポピュリストを生むことも懸念されます。

本イベントでは、『ヒトラーの正体』を上梓した舛添要一さんが、厳しい政権批判で知られる作家・適菜収さんをお招きし、劣化する政治家や日本社会を蝕む病理に警鐘を鳴らします。

【出演者プロフィール】
舛添要一(ますぞえ・よういち)
1948 年福岡県北九州市生まれ。1971年東京大学法学部政治学科卒業。パリ(フランス)、ジュネーブ(スイス)、ミュンヘン(ドイツ)でヨーロッパ外交史を研究。東京大学教養学部政治学助教授を経て、政界へ。2001 年参議院議員(自民党)に初当選後、厚生労働大臣(安倍内閣、福田内閣、麻生内閣)、都知事を歴任。主な著書に『都知事失格』など。

適菜収(てきな・おさむ)
1975年生まれ。作家。哲学者。主な著書にニーチェの代表作『アンチ・クリスト』を現代語訳にした『キリスト教は邪教です!』『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』『小林秀雄の警告 近代はなぜ暴走したのか?』(講談社+α新書)、『遅読術』『安倍でもわかる政治思想入門』、『安倍でもわかる保守思想入門』(KKベストセラーズ)など。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2019/8/5(月) 11:00~

2019/9/7(土) 12:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ