【神楽坂ブック倶楽部presents 】文士の子ども “被害者” の会 私たちは訴えたい! in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. セミナー、勉強会

【神楽坂ブック倶楽部presents 】文士の子ども “被害者” の会 私たちは訴えたい!

講師:阿川佐和子(父・阿川弘之) 内藤啓子(父・阪田寛夫) 矢代朝子(父・矢代静一)

2018/1/13(土) 16:00~2018/1/13(土) 17:30

イベント受付開始時間 2018/1/13(土) 15:30~

新潮講座神楽坂教室

  • 【神楽坂ブック倶楽部presents 】文士の子ども “被害者” の会 私たちは訴えたい! イベント画像1



作家・阿川弘之(「井上成美」等)、詩人・阪田寛夫(童謡「サッちゃん」等)、劇作家・矢代静一(戯曲「北斎漫画」等)――あの(あんな?)文士を父に持ったヨロコビとカナシミの幾歳月を、愛娘三人が語り合います。ハンカチなしでは聞けない抱腹絶倒、ナミダナミダの秘話続出(予定)!

【日時】2018年 1/13 (土)16:00~17:30 全1回(教室開場は30分前です) 

【受講料】3,240円(税込)

【講師紹介】

阿川佐和子(あがわ・さわこ)……1953年、東京都生まれ。父は作家・阿川弘之。報道番組のキャスターを務めた後に渡米。帰国後、エッセイスト、小説家として活躍。『ああ言えばこう食う』(檀ふみとの共著)で講談社エッセイ賞、『ウメ子」で坪田譲治文学賞、『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。他に『聞く力』『うからはらから』『強父論』など。

内藤啓子(ないとう・けいこ)……1952年大阪市生まれ。詩人で作家、阪田寛夫の長女。75年東京女子大学文理学部日本文学科卒業。​父について​書いた『枕詞はサッちゃん 照れやな詩人、父・阪田寛夫の人生』が好評発売中。熱烈な宝塚ファン。他の著書に、妹で宝塚元トップスター大浦みずきの人生を描いた『赤毛のなっちゅん―宝塚を愛し、舞台に生きた妹・大浦みずきに』がある。

矢代朝子(やしろ・あさこ)……東京都生まれ。女優。軽井沢高原文庫理事。劇作家・矢代静一の長女。文学座を経て、テレビドラマや映画、舞台などで活躍。昨年の「文士の子ども被害者の会」第一弾では、劇作家の娘ならではの苦労話で大いに会場を沸かせた。





コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2017/12/15(金) 12:00~

2018/1/13(土) 12:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

「文士の子ども “被害者” の会 私たちは訴えたい!」1/13受講料

3,240円

販売条件

恐れ入りますが、コンビニ決済をご希望のお客様はヤフーIDを取得していただく必要がございます。なにとぞご了承下さい。
電話お申し込みの方は、
03-3266-5776
へご連絡ください(受付時間:平日10時~18時)。
お支払いいただいた受講料は、欠席の場合でも原則としてお返しいたしません。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

主催者のFacebookページ

お問い合わせ先

メールアドレス

kohza@shinchosha.co.jp

電話番号

03-3266-5776

【月~金曜】10時~18時(祝日・年末年始を除く)

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ