腰下肢痛の評価と治療~神経絞扼性疼痛とは~ in大阪

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. セミナー、勉強会

腰下肢痛の評価と治療~神経絞扼性疼痛とは~

2018/4/29(日) 10:30~2018/4/29(日) 16:30

港区民センター 松竹

  • 腰下肢痛の評価と治療~神経絞扼性疼痛とは~ イベント画像1

『腰痛症の80%以上が画像診断では原因がわからない』と言われています。

画像診断で「ヘルニア」をはじめとした異常所見が見つかって医師から「これが原因だね。」と診断されることもありますが

異常のある部位とデルマトームで一致しないことが多く、

そもそも、近年では症状のない人でもレントゲンやMRIを撮ればほとんどの人にヘルニアや狭窄などの異常が見つかるという報告があり、そういった異常所見と症状はあまり関係ないのが現実です。

 

そんな患者さんの多くは私がこれまでセミナーでお伝えしてきた『トリガーポイント療法』で劇的な改善が見られるのですが

ごく稀に疼痛・しびれの出現エリアに関連痛パターンを持っているトリガーポイントをリリースしても大きな改善が見られない、場合によっては全く効果がないという患者さんに出会います。

 

そういう患者さんに出会ってしまった時に、関連痛パターンで考えればありえない筋肉をリリースした時に劇的に改善することをよく経験しました。

最初は「キートリガーポイント?・・・いやいや、だとしたらサテライトをリリースしても効果は出るはず。」と困惑したのですが

トリガーポイントの重要な症状を忘れていました。

そう。

『神経絞扼』

です。

 

 

収縮状態から戻れないトリガーポイントの形成部位では正常よりも太くなるため(ミリ単位の力こぶだと思ってください)

そこを通る神経を圧迫・絞扼してしまうのです。

 

今回のセミナーで紹介する手技自体はトリガーポイントリリースがメインにはなりますが

腰痛・下肢症状を引き起こす
神経の走行
絞扼部位
各種検査

もお伝えします。

 

これまでのトリガーポイント療法セミナーでは「関連痛」にフォーカスしたものでしたが今回は神経絞扼にフォーカスしたアプローチです。

トリガーポイント療法以外の手技も紹介する・・・かもしれません。

 

まだトリガーポイント療法を受講していない人はもちろん

すでにトリガーポイント療法セミナーを受けている人でも

神経絞扼という新しい視点での手技療法を提案できるはずです。

是非、この機会にご参加ください。


------------

講師:波田野 征美 先生

理学療法士 / 体軸コーディネーター / JCCAベーシックインストラクター / Acceleration Training CORE FUNDAMENTALS LEVEL 1

------------

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/4/7(土) 03:00~

2018/4/29(日) 11:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

腰下肢痛の評価と治療~神経絞扼性疼痛とは~

10,800円

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

seminar@ep-och.com

電話番号

08044924613

10時~18時

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ