『コトノネ』編集部×大西暢夫「『オキナワへいこう!』上映会」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

『コトノネ』編集部×大西暢夫「『オキナワへいこう!』上映会」

『コトノネ』26号刊行記念

2018/6/23(土) 19:00~2018/6/23(土) 21:00

イベント受付開始時間 2018/6/23(土) 18:30~

本屋B&B

  • 『コトノネ』編集部×大西暢夫「『オキナワへいこう!』上映会」 イベント画像1

  • 『コトノネ』編集部×大西暢夫「『オキナワへいこう!』上映会」 イベント画像2

社会を楽しくする障害者メディア、季刊『コトノネ』26号が5月に刊行されました。巻頭グラビアに写真を寄せていただいた大西暢夫さんは、映画監督としても活躍されています。このたび、『コトノネ』26号刊行記念として、大西さんのドキュメンタリー映画『オキナワへいこう!』の上映会を開催します。

大西暢夫さんは、17年間、全国各地の精神科病院を訪ね、撮影を続けています。この映画は、大阪の浅香山病院に長期入院している患者さんが、病院のスタッフや支援者といっしょに沖縄旅行を計画することからはじまるドキュメンタリー。「精神科」「患者」なんて言葉を、観ているうちに忘れてしまう、笑って泣ける、エネルギーのある作品です。

実は、作品は制作途中。なのに各地で上映会を開いてしまう大西さん。上映後、大西さんからごあいさつもいただく予定です。

ぜひお越しください!

 
【出演者プロフィール】
・大西暢夫(おおにし・のぶお)
写真家、映画監督。1968年東京生まれ、岐阜県揖斐郡池田町育ち。写真家で、映画監督の本橋成一氏に師事。アシスタントをするあいまに、ダムに沈む岐阜県徳山村の取材をはじめる。2001年から精神病院に長期入院する人の撮影をスタート。それをきっかけに、日本国内におけるアール・ブリュットの作品とその作者の取材を多数手がけるようになる。 震災直後に被災地に入り、いまも東日本大震災の取材も続けている。

・季刊『コトノネ』
障害のある人の「はたらく」をテーマに発行している季刊誌。最新26号が発売中。働く障害者のこと、施設でつくられる商品、福祉の世界で活躍している人たちとともに、障害者福祉が社会をたのしくする事例を紹介している。
http://kotonone.jp/

コメント

予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円予定枚数終了

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ