倉本美津留×武田砂鉄「第1回 超国語教室〜日本語の新食感を味わう」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

倉本美津留×武田砂鉄「第1回 超国語教室〜日本語の新食感を味わう」

『倉本美津留の超国語辞典』(朝日出版社)刊行記念

2017/12/16(土) 19:00~2017/12/16(土) 21:00

イベント受付開始時間 2017/12/16(土) 18:30~

本屋B&B

  • 倉本美津留×武田砂鉄「第1回 超国語教室〜日本語の新食感を味わう」 イベント画像1

「必死」……ほとんどの場合、死なない!(とツッコミ)
「素敵」>「寿的」……よりめでたい漢字にポジティブ変換
「富・狂頭」……トム・クルーズらしい漢字で名前を付けると
「脇に協力する男」……「力」をパーツに持つ漢字だけで短文作成

日本語にツッコミを入れながら、日本語を遊び倒しながら、果ては俳句や回文を超えるような新しい文章表現を作ってみよう(それでまた日本語を楽しみ直そう)。そんな笑いと野心と発見に満ちた異色の辞典が『倉本美津留の超国語辞典』(2015年12月刊)です。

刊行から時間が経つにつれ、その面白さは熟成されていくかのよう。でも「面」が「白い」ってどういうこと?

そう、辞書はただ調べるというよりも、言葉を飛躍させるためにある。寝かせておいてはもったいない! ということで、この『超国語辞典』を引っ張り出してきて、参加されるみなさんと一緒に味わう場を再び作りました。「え、日本語ってまだこんな楽しみ方があるの!?」という新食感が味わえたら感無量です。

第1回、倉本さんのお相手は、社会問題から芸能人、コンプレックスまで、多方面の言葉をねちねちと咀嚼するのが大好物な武田砂鉄さん。当日は会場のみなさんに「超国語テスト」を解いていただきます。

面白い答えを出せる人がその都度先生。その解答を一緒につつきながら、日本語の新表現さえも発案できればと思っています。

今後も言葉のスペシャリストと展開していく予定です。(当日のイベント内容は後日cakesに掲載予定です)

【出演者プロフィール】
倉本美津留(くらもと・みつる)
放送作家。1959年生まれ。『ダウンタウンDX』『シャキーン!』『浦沢直樹の漫勉』『M‐1グランプリ』ほか、数々のテレビ番組を手がける。著書に『ことば絵本 明日のカルタ』『ビートルズ頭』、共著に『ねこのたまたま』『お笑いえほん』シリーズなど。ミュージシャンとしても活躍。

武田砂鉄(たけだ・さてつ)
1982年東京都生まれ。出版社勤務を経て、2014年秋よりフリーライターに。2015年に『紋切型社会 言葉で固まる現代を解きほぐす』で第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。2016年に第9回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞受賞。著書は最新刊『コンプレックス文化論』の他に『芸能人寛容論』『せいのめざめ』(益田ミリとの共著)。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2017/11/20(月) 17:00~

2017/12/16(土) 18:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ