根本千絵×岡村幸宣「写真の力 記憶と記録」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

根本千絵×岡村幸宣「写真の力 記憶と記録」

『長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語』刊行記念

2016/10/30(日) 15:00~2016/10/30(日) 17:00

イベント受付開始時間 2016/10/30(日) 14:30~

B&B

  • 根本千絵×岡村幸宣「写真の力 記憶と記録」 イベント画像1

根本千絵さんによる『長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語』が発売中です。

本書は、昭和のはじめの長崎、片淵町にたった16年だけ存在した井手傳次郎の響写真館を取材するなかで見つかった傳次郎撮影のガラス乾板(ネガ)1300枚を新たに焼き付け、家族の写真を170枚以上掲載して、井手八人兄妹の愉快な物語を辿った一冊です。

今回B&Bでは、お相手に原爆の図丸木美術館学芸員の岡村幸宣さんをお迎えして、刊行記念イベントを開催します。

本には載せられなかった写真も含め、写真を見ながら、井手傳次郎の響写真館、愉快な子どもたち、昭和の長崎、語れなかった被曝体験など
に迫ります。
どうぞお楽しみに。 


プロフィール
根本千絵 1956年東京都生まれ。詩人・谷川雁が立ち上げた宮沢賢治の童話を身体で表現する「ものがたり文化の会」ねもとパーティを主宰。さまざまな世代の子どもたちとの対話を三十年以上続けている。2007年よりブログ「かんからかんのかあん」で、おじ・おばの聞き書き『長崎八人兄妹物語』を発信。長崎在住のグラフィックデザイナー山崎加代子と協働で9年がかりで『長崎 幻の響写真館』を出版した。


岡村幸宣 1974年東京都生まれ
2001年より 原爆の図丸木美術館に学芸員として勤務。丸木位里、俊夫妻を中心にした社会と芸術表現についての研究や展覧会の企画を行っている。昨年は2000名の市民と70団体の熱い思いと募金で「原爆の図」アメリカ展を実現。
6月-8月アメリカン大学(ワシントンDC)、9月-10月ボストン大学、11月-12月パイオニア・ワークス(ニューヨーク)で開催され、展示内容がブルックリンの年間ベスト2に選ばれた。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2016/10/7(金) 14:00~

2016/10/30(日) 14:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2021 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ