安田峰俊×水谷竹秀×西谷格「何でも見てやろう――アジア突撃三人組のさいはて見聞録」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

安田峰俊×水谷竹秀×西谷格「何でも見てやろう――アジア突撃三人組のさいはて見聞録」

『さいはての中国』(小学館)刊行記念

2018/10/7(日) 15:00~2018/10/7(日) 17:00

イベント受付開始時間 2018/10/7(日) 14:30~

本屋B&B

  • 安田峰俊×水谷竹秀×西谷格「何でも見てやろう――アジア突撃三人組のさいはて見聞録」 イベント画像1

中国をテーマに取材を続けるルポライターの安田峰俊さんがこのたび、『さいはての中国』(小学館)を上梓しました。

同書は、“アジアのシリコンバレー”深センをさまようネトゲ廃人、広州に出現したアフリカ人村、内モンゴルの超弩級ゴーストタウンなど、観光客にはたどり着けない極地の弾丸ルポルタージュです。

この刊行を記念して、トークイベントを開催します。

本イベントでは、フィリピン、タイをはじめとしたアジアをフィールドにしたルポに定評のあるノンフィクションライターの水谷竹秀さん、中国のホスト事情を“入店”取材したこともあるフリーライターの西谷格さんをお迎えし、「さいはてトーク」をしていただきます。

ようこそ、ちょっと不思議で、心底怖いアジアの旅へ!

【出演者プロフィール】
安田峰俊(やすだ・みねとし)
1982年、滋賀県生まれ。ルポライター。立命館大学人文科学研究所客員研究員。立命館大学文学部卒業後、広島大学大学院文学研究科修了。中華圏の社会・政治・文化事情について、取材を行っている。著書に『和僑』、『境界の民』、『八九六四』など。

水谷竹秀(みずたに・たけひで)
1975年、三重県桑名市出身。上智大学外国語学部卒。フィリピンと日本を拠点に活動するノンフィクションライター。『日本を捨てた男たち』で開高健賞受賞。著書に『脱出老人』『だから、居場所が欲しかった。』など。

西谷格(にしたに・ただす)
1981年、神奈川県生まれ。早稲田大学社会科学部卒。地方新聞の記者を経て、フリーに。2009年に上海に移住、2015年まで現地から中国の現状をレポートした。主な著書に『この手紙、とどけ! 106歳の日本人教師が88歳の台湾人生徒と再会するまで』『上海 裏の歩き方』『ルポ 中国「潜入バイト」日記』。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/9/10(月) 13:00~

2018/10/7(日) 12:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ