阿部広太郎×きたむらけんじ×堀潤×松居大悟 「見えてきた!?ラジオ演劇の可能性」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

阿部広太郎×きたむらけんじ×堀潤×松居大悟 「見えてきた!?ラジオ演劇の可能性」

舞台『みみばしる』上演記念

2019/1/14(月) 12:00~2019/1/14(月) 13:30

イベント受付開始時間 2019/1/14(月) 11:30~

本屋B&B

  • 阿部広太郎×きたむらけんじ×堀潤×松居大悟 「見えてきた!?ラジオ演劇の可能性」 イベント画像1

  • 阿部広太郎×きたむらけんじ×堀潤×松居大悟 「見えてきた!?ラジオ演劇の可能性」 イベント画像2

2月6日(水)から、下北沢の本多劇場にて舞台「みみばしる」の幕が上がります。
この舞台は、FMラジオ局J-WAVEと劇団ゴジゲン主宰・松居大悟さんがコラボレートした企画公演。松居大悟さんがナビゲーターを務めるラジオ番組「JUMP OVER」(J-WAVE/CROSS FM 毎週日曜23:00-23:54 ON AIR)にて、リスナーと共に舞台「みみばしる」を創作するという、ラジオと演劇の垣根を越えるプロジェクトが進行中です。

【これまでの経緯】
出演者を演技経験不問のオーディションで選出、応募総数は824名。宣伝コピーも集まった1,041案の中から決定。主演の本仮屋ユイカさんとの台本打合せや、音楽監督の石崎ひゅーいさんとの音楽会議、舞台スタッフとの美術打合せをラジオで公開。さらに作品タイトル『みみばしる』の定義までもリスナーと相談!“受信者だったリスナーが主役になる!?”という、境界線を越える舞台公演がいよいよ本番間近に。

【ラジオ演劇の可能性】
ラジオと演劇にはそれぞれの魅力があります。ラジオと、演劇の垣根を超えることで、今どんな景色が見えてきているのか?本トークイベントでは、舞台「みみばしる」の宣伝企画を担当し、映画と演劇の境界を超える映画「アイスと雨音」のプロデューサーの阿部広太郎さん、
ラジオ番組「JAM THE WORLD」「JUMP OVER」の構成を務め、劇団「東京フェスティバル」を主宰するきたむらけんじさん、ラジオ番組「JAM THE WORLD」のナビゲーターであり、ジャーナリストの堀潤さん、そしてもちろん、ラジオ番組「JUMP OVER」のナビゲーターであり、舞台「みみばしる」の作・演出を手掛ける松居大悟さんの四名のゲストをお招きして、「ラジオ演劇の可能性」についてお話いただきます。

【前半】ラジオの魅力について話そう
ラジオ番組のナビゲーターを務める堀潤さん、松居大悟さん、そしてラジオ番組の構成を担当するきたむらけんじさんと、リスナーとしてラジオを愛する阿部広太郎さんの4名で、今、ラジオの何が面白いのか、魅力に感じているのかを思う存分語っていただきます。

【後半】ラジオ演劇で見えてきたもの
ラジオ番組「JUMP OVER」で放送しながら、創作を続けてきた舞台「みみばしる」。ナビゲーターの松居大悟さん、構成のきたむらけんじさん、番組に出演し、宣伝を盛り上げる阿部広太郎さんの3名で、境界を超えて見えてきた可能性についてトークします。

前後半合わせて90分のラジオ演劇トークイベント。ラジオと演劇の境界を超えた時に何が起こるのか、広がりと熱のあるトークにぜひご期待ください!

【出演者プロフィール】
阿部広太郎(あべ・こうたろう)
1986年生まれ。「企画でメシを食っていく」主宰。電通コンテンツビジネス・デザイン・センター所属。「今でしょ!」が話題になった東進ハイスクールのCM「生徒への檄文篇」の制作に携わる。現在は、作詞や企画など、言葉の力を軸にコンテンツ開発を担う。第61回 ブルーリボン賞作品賞ノミネートの映画「アイスと雨音」、観る者の恋愛観を揺さぶる映画「君が君で君だ」プロデューサー。シンガーソングライター向井太一「FLY」「空 feat.SALU」「Blue」共作詞。著書に、『待っていても、はじまらない。―潔く前に進め』(弘文堂)。

きたむらけんじ
劇団東京フェスティバルの主宰として全公演の作・演出を手掛ける。舞台「幸福な職場」「テレビが一番つまらなくなる日」「泡」など社会派の題材を人情劇タッチで描く作風。放送作家として、J-WAVE「JAM THE WORLD」「STEP ONE」「JUMP OVER」の構成を務める。2018年の年末に放映された松居大悟監督の深夜ドラマ『平成ばしる』(テレビ朝日)で脚本を担当。

堀潤(ほり・じゅん)
1977年生まれ。ジャーナリスト。2001年NHK入局。「ニュースウォッチ9」リポーター、「Bizスポ」キャスター、「ニッポンのジレンマ」初代MC。2012年、米国ロサンゼルスのUCLAで客員研究員、日米の原発メルトダウン事故を追ったドキュメンタリー映画「変身 Metamorphosis」を制作(京都国際インディーズ映画祭特別賞)。2013年、NHKを退局しNPO法人「8bitNews」代表に。2017年、株式会社「GARDEN」設立。個人やNGO /NPOなどの発信支援のメディアを運営。現在、TOKYO MX「モーニングCROSS」キャスター、J-WAVE「JAM THE WORLD」ナビゲーター、dTVチャンネル「NewsX」キャスター、フジテレビ「ワイドナショー」、AbemaTV「Abema Prime」コメンテーター、WEB「Forbes Japan」Official Columnist、雑誌「anan」、「ジュニアエラ」、「月刊Journalism」など多数連載中。著書に角川書店「変身 Metamorphhosis」、講談社「僕がメディアで伝えたいこと」、幻冬社「僕らのニュースルーム革命」、朝日新聞出版「伝える人になろう講座」など。

松居大悟(まつい・だいご)
1985年福岡生まれ。劇団ゴジゲン主宰。2009年の『ふたつのスピカ』(NHK)でドラマ脚本家デビュー。2012年、長編映画初監督作『アフロ田中』が公開。その後、『スイートプールサイド』『ワンダフルワールドエンド』『私たちのハァハァ』『アズミ・ハルコは行方不明』などを発表。クリープハイプやドレスコーズなどのMV を手がけるほか、テレビ東京系列『バイプレイヤーズ』シリーズのメイン監督も務めた。2018年3月には74分1カットの映画「アイスと雨音」が公開され、最新監督作『君が君で君だ』は全国でロングラン公開中。J-WAVE「JUMP OVER」(毎週日曜23:00~)ではナビゲーターを務め、18年末に放送されたドラマ「平成ばしる」(テレビ朝日)ではラジオとテレビの境界線を超えることにチャレンジ。2月に上演予定のJ-WAVE30周年×ゴジゲン10周年企画舞台「みみばしる」の作・演出を担う。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2019/1/7(月) 19:00~

2019/1/14(月) 00:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ