宮脇孝雄×日暮雅通「犯罪について語ることの秘かな愉しみ」 in東京

  1. TOP
  2. その他

宮脇孝雄×日暮雅通「犯罪について語ることの秘かな愉しみ」

『犯罪学大図鑑』(三省堂)刊行記念

2019/9/17(火) 20:00~2019/9/17(火) 22:00

イベント受付開始時間 2019/9/17(火) 19:30~

本屋B&B

  • 宮脇孝雄×日暮雅通「犯罪について語ることの秘かな愉しみ」 イベント画像1

ミステリ翻訳家として、また、稀代の読書家として知られる宮脇孝雄さんと、 世界に名だたるシャーロキアンで、幅広いジャンルの翻訳を手がける日暮雅通さん。博覧強記の読書家にして名伯楽の二人の夢のコラボが実現。シャーロック・ホームズをはじめとする探偵小説や、数々のミステリ、犯罪小説、犯罪ノンフィクションなどを中心に、お二人の読書体験や翻訳の仕事でのエピソードなど、縦横無尽に語っていただきます。


同時に、三省堂の「大図鑑」シリーズの最新刊である『犯罪学大図鑑』と、重版が決まったばかりの『シャーロック・ホームズ大図鑑』について、それぞれの翻訳者という立場から、その魅力や読みどころ、翻訳の進め方や技術的なノウハウ、苦労したことなどを包み隠さず語っていただきます。


「犯罪」という言葉になぜか惹かれてしまう方、シャーロック・ホームズやミステリ小説が好きな方はもちろん、ただ「面白い本が読みたい!」と思っている方、翻訳学習者などは必聴のイベントです。どうぞお集まりください。


【出演者プロフィール】
宮脇孝雄(みやわき・たかお)
翻訳家・エッセイスト。主な著書に、『書斎の旅人』(早川書房)、『翻訳の基本』『続・翻訳の基本』『英和翻訳基本辞典』(以上、研究社)、『翻訳地獄へようこそ』『洋書天国へようこそ』(以上、アルク)など。主な訳書に、『死の蔵書』『幻の特装本』『異邦人たちの慰め』(以上、早川書房)、『ソルトマーシュの殺人』(国書刊行会)など。

日暮雅通(ひぐらし・まさみち)
翻訳家。日本推理作家協会、日本シャーロック・ホームズ・クラブ会員。ベイカー・ストリート・イレギュラーズ(BSI)会員。著書に『シャーロッキアン翻訳家最初の挨拶』(原書房)。訳書に『新訳シャーロック・ホームズ全集(全9巻)』(光文社文庫)、ヴァン・ダイン『カナリア殺人事件』(創元推理文庫)、コニコヴァ『シャーロック・ホームズの思考術』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)、『10代からの哲学図鑑』(三省堂)ほか多数。

コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2019/8/22(木) 11:00~

2019/9/17(火) 15:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円受付中

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ