「『翻訳に使える文化・雑学・サブカル知識』 in 大阪」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#11) in大阪

  1. TOP
  2. セミナー、勉強会

「『翻訳に使える文化・雑学・サブカル知識』 in 大阪」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#11)

講師:高橋聡 協力:「大阪でもレッスン」招致事務局

2019/1/20(日) 12:00~2019/1/20(日) 16:00

イベント受付開始時間 2019/1/20(日) 11:30~

神戸大学学友会大阪クラブ セミナールーム(最寄り駅:大阪・梅田・西梅田)

  • 「『翻訳に使える文化・雑学・サブカル知識』 in 大阪」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#11) イベント画像1

  • 「『翻訳に使える文化・雑学・サブカル知識』 in 大阪」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#11) イベント画像2

2018年9月30日に東京で開催した「英語圏の文化・教養・雑学・サブカル~引用に強くなろう~」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#10)を、大阪で「再演」します。


高橋講師のメッセージです。

iPhoneのニュースを訳していたら、"Vanity, thy name is Portrait Mode."という文が出てきました。さあ、どう訳しましょうか? トランプ大統領の「宇宙軍」提唱に関する文に"the final frontier"と出てきたら、それはもちろん……?


英語に接していると、聖書や有名な文学作品、映画、ドラマ、音楽などに由来するタイトルやフレーズの引用、もじり、パロディにたびたび遭遇します。そのとき、元ネタを知らずに、あるいは調べずに訳してしまったら、原文のおもしろさを、さらには筆者の意図を外してしまうかもしれません。


もちろん、なんでも知っていることなど不可能ですが、基本をおさえておくと、「これは、もしかしたら」という勘がはたらくようになります。そんな英語圏の文化・教養・雑学・サブカルの基礎知識をいろいろとご紹介します。


講師:高橋聡

協力:「『大阪でもレッスン』招致事務局」

定員:30名程度


※講義開始は12:00、受付開始は11:30ですが、会場は11:00から開放しますので、お弁当等を持参して召し上がっていただくこともできます。ゴミは必ずお持ち帰りください。

会場には飲み物が常備されていますが、ご利用頂くと、別料金をクラブで支払わなければなりません。お手数ですが、必ず事前に各自ご用意ください。同じ階に自販機、地下2Fにはコンビニがあります。


※勉強会後、出席者を対象に、招致事務局様が懇親会を開いてくださる予定です。

場所:セミナー会場近く

時間:17時~2時間程度

予算:5000円程度(多少前後する可能性があります)

申し込みの際にご記入いただくアンケートに懇親会への出席の有無をお尋ねする項目があります。申し込み時点の予定で結構ですので、興味のある方はチェックを入れ、osaka-lesson@studiokoala.comからのメールが受け取れるようにしておいてください。後日、事務局からメールで詳細案内が送られます。(事務局では毎日対応することが難しく、お申し込み頂いたタイミングによって、最長で1週間程度、懇親会の案内をご連絡ができない場合があります。ご容赦ください)


※今回は「直前枠」受付はございません。

-------------------------

「英語圏の文化・教養・雑学・サブカル~引用に強くなろう~」(2018/9/30実施)アンケートより

・5月のシンポジウムでのお話がとてもおもしろかったので、参加しました。知らなければいけないことが多くて焦ってしまいますが、参考になる書籍をご紹介いただけたので、まずはそこから手を付けていこうと思いました。今すぐ全てを知ることはできなくても、「あやしいかも?というアンテナを張るのが第一歩」というお話を胸に、少しずつ知識を増やしていきたいと思います。

・翻訳をするうえで、なんとなくの背景知識として考えていた「元ネタ」を、系列ごとにまとめて教えてくれたため、大変参考になりました。

・自分の知っていたことは再確認になっただけでなく、知っていたと思っていたことを実はよく知らなかったことにも気づくことができ、また新たな世界への扉も開いていただいたので、お値段以上に得るものがあったお得なセミナーでした。具体例をたくさん挙げていただいたのがわかりやすくてよかったです。

・聖書、シェイクスピアなど前から気になっていたが、なかなか手を付けれずにいたところを後押ししていただきました。おススメ本は、さっそく購入し、今は西森マリーさんの「聖書をわかれば英語はもっとわかる」を読み始めました。

・知っておくべきことは何か、それを翻訳にどう活かせるか、をわかりやすく解説してくださり、とても勉強になりました。参考文献や映像の数々も、見てみようと思います。また講義のスライド資料をいただけて、十分に復習できるのもとてもいいと思いました。

・楽しいレッスンでした。参加者の皆さんの英語に対する興味と活気ある雰囲気も良かったです。

・自分の中でバラバラに収納されていた知識が整理されました。同じ勘からたどっても、もう少し早く必要なヒントや情報にアクセスできそうです。スターウォーズを除くと英国ルーツの表現が多かった気がします。それが自分の弱点かも。モンティ・パイソンはあってもサタデーナイト・ライブはあまり見かけないのは何でなんだろうと思ったり。

・初めての参加で緊張しましたが、とてもなごやかな雰囲気で楽しく過ごせました。内容的には知っていたことも多かったのですが(…)、新しい発見もあり、参加してよかったと思いました。

・翻訳の学習を始めてまだ2年目です。正直、講義の内容についていけない部分の方が多かったですが、今後勉強を進めていくためのモチベーションアップになりました。まわりの方を見ているだけでも、自分は本当に未熟だなぁと感じることが多かったです。もう少し学習なり仕事なり、経験を積んでから、またイベントに参加させていただきたいなぁと思いました。

・(…)恥ずかしながら、引用の忠実さにとらわれて訳文の著作権に考えが至っていなかったこと、そして何より、原文のイメージや世界観を壊してはいけないという翻訳の大原則を失念してしまったこと、この2点を修正することができました。日本に馴染みのない海外文化を訳すにあたり、日本文化で相当するものに置き換えればわかりやすいのでは、と安易に考えた結果がほんやくコンニャクでしたが、ご回答を聞いて、全くそのとおりだと反省いたしました。どうもありがとうございました。

・事前課題では「どこかに引用があるのだろう」と思いながら取り組んだので見つけることができたが、実際の仕事では引用があるのかないのか、あってもどこにあるのかは分からない。それでも怪しいなと意識しながら仕事をするのを忘れないようにしたい。

・最近のサブカルにはこれまでほとんど興味がなく、知識も無いに等しい状態でしたが、欧米の文化には深く組込まれているのだなあと改めて思いました。すべてを覚えるのは無理ですが、頭のどこかに置いておくだけでも今後は視点が変わるのではないかと期待しています。そして今日をきっかけに、読んでみよう、観てみようと思わせる作品にも出会えました。掘り下げていくのが楽しみです。

---------------
「大阪でもレッスン」招致事務局・無期限「臨時」スタッフのSayoさんが、案内をブログに書いてくださいましたのでご紹介します。
http://sayo0911.blog103.fc2.com/blog-entry-646.html
こちらは東京の回に参加されたときのレポートです。
http://sayo0911.blog103.fc2.com/blog-entry-633.html


チケットを申し込む

販売
期間

2018/12/3(月) 12:00~

2019/1/10(木) 12:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

「『翻訳に使える文化・雑学・サブカル知識』 in 大阪」

[販売期間] 12/3(月) 12:00~1/10(木) 12:00

5,000円受付中残り4枚

販売条件

※やむを得ない事情により直前に中止等の連絡をすることがありますので、お申込みの際にはご自分のメールアドレスが間違っていないか再度お確かめください。またpassmarket-master@mail.yahoo.co.jpからのメールが受信できるように設定をお願いします。

※誠に恐縮ですが、お支払いはクレジットカードのみとさせていただきます。

※申し込み後のキャンセルは受け付けられません。お知り合いに受講の権利をお譲りいただくことはできますが、受付でのトラブルを防ぐため、必ずおいでになる方のお名前を事前にお知らせください。

※キャンセル待ち制度はございません。

お支払い方法

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

events.fhonyaku@gmail.com

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ