渡辺亨×伊藤ゴロ―「プリファブ・スプラウトとギターと詩と」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

渡辺亨×伊藤ゴロ―「プリファブ・スプラウトとギターと詩と」

『プリファブ・スプラウトの音楽』(DU BOOKS)刊行記念

2017/6/2(金) 20:00~2017/6/2(金) 22:00

イベント受付開始時間 2017/6/2(金) 19:30~

本屋B&B

  • 渡辺亨×伊藤ゴロ―「プリファブ・スプラウトとギターと詩と」 イベント画像1

3月に、DU BOOKSから『プリファブ・スプラウトの音楽』が発売されました。

プリファブ・スプラウトは、80年代初頭にデビューしたイギリスのバンド。その中心人物であるパディ・マクアルーンは、「ニュー・ウェーヴ以降に登場した最高のソングライター」と評されています。

同書は、長年パディを取材してきた著者が、それぞれの作品に丁寧に解説を試みた一冊です。

この刊行を記念して、著者の渡辺亨さんをお招きし、トークイベントを開催いたします。ゲストは、作曲家/編曲家/ギタリスト/プロデューサーの伊藤ゴローさん。

プリファブ・スプラウトの楽曲や、『捨てられた雲のかたちの』の制作エピソード、ポップミュージックやボサノヴァ、アコースティック・ギター、平出隆さんの詩とアートディレクションなどの魅力について語るスペシャルな一夜です。

伊藤ゴローさんは、naomi & goro & 菊地成孔の『calendula』(2011/commons)で、アントニオ・カルロス・ジョビンやホール&オーツ、ブリジット・フォンテーヌなどの曲とともにプリファブ・スプラウトの「The King of Roc'kn Roll」をカヴァー。そして伊藤さんのブラジル録音曲を含む最新作『捨てられた雲のかたちの』のタイトルは、以前から様々な形でコラボレーションを重ねてきた平出隆さんの詩集『若い整骨師の肖像』に収められている詩の一節からの引用で、今回もアルバムのアート・ディレクションは平出さんです。

貴重なトークイベントをお見逃しなく!

【出演者プロフィール】
渡辺亨(わたなべ・とおる)

音楽評論家/選曲家/DJ。1959年8月18日生まれ。札幌出身。青山学院大学英米文学科卒業後、編集者兼ライターとして雑誌『Tangled Up in Blue』等に関わる。80年代後半から『ミュージック・マガジン』や『クロスビート』などの音楽誌をはじめ、一般紙や新聞などに寄稿。著書に『音楽の架け橋』(シンコ―)がある。NHK-FMの人気番組『世界の快適音楽セレクション』の構成と選曲を担当、コーナー出演なども。

伊藤ゴロ―(いとう・ごろー)
作曲家/編曲家/ギタリスト/プロデューサー。MOOSE HILL名義で2001年にソロ活動を開始。ボサノヴァ〜クラシック〜ロックとジャンルを横断し音楽を探求。伊藤ゴロー+ジャキス・モレレンバウム『RENDEZ-VOUS IN TOKYO』が2015年ブラジルディスク大賞2位を受賞。ソロ活動以外にも、坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏他との共演、naomi & goroとしてのアルバムリリース及び韓国・中国公演など。近年のプロデュース作品は原田知世『恋愛小説2〜若葉のころ』、『ゲッツ/ジルベルト+50』他多数。映画『ブルーハーツが聴こえる「1001のヴァイオリン」』『君と100回目の恋』などの劇伴も担当。詩人で造本家の平出隆とCrystal Cage Collegeも開校している。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2017/5/1(月) 11:00~

2017/6/2(金) 18:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ