柴崎友香×滝口悠生「IWPに参加して、アメリカで考えた11のこと」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

柴崎友香×滝口悠生「IWPに参加して、アメリカで考えた11のこと」

『公園へ行かないか? 火曜日に』(新潮社)刊行記念

2018/8/8(水) 20:00~2018/8/8(水) 22:00

イベント受付開始時間 2018/8/8(水) 19:30~

本屋B&B

7月27日に発売される柴崎友香さんの新刊『公園へ行かないか? 火曜日に』(新潮社)の刊行を記念したトークイベントを開催します。本書は、柴崎さんがアイオワ大学のインターナショナル・ライティング・プログラム(IWP)に参加した2016年の秋の体験をもとに書かれた連作短編集。約3ヶ月間、様々な背景を持つ参加者たちと英語で議論をし、街を歩き、旅をし、大統領選挙を目の当たりにした体験で感じたことを、柴崎さんは日本に戻ってからも考え続け、ゆっくりと時間をかけて11の物語を紡ぎ出しました。
アイオワ大学は、クリエイティブライティングのコースをアメリカで初めて設立した大学として知られ、世界各国から作家(小説家、詩人、脚本家、劇作家)たちが集まり、10週間をともに過ごすIWPは、約半世紀の歴史を持ちます。日本からも、第1回(1967年)に参加した田村隆一をはじめ、木島始、白石かずこ,吉増剛造,大庭みな子、中上健次,水村美苗,島田雅彦、中島京子(敬称略)など、多くの詩人や作家が参加し、現地での経験をもとに作品を残しています。

本イベントでは、柴崎さんと、今年IWPに参加する小説家の滝口悠生さんを迎えて、柴崎さんのIWPでの体験や創作のプロセス、出発を直前に控えた滝口さんの抱負などをうかがいます。


【出演者プロフィール】
柴崎友香(しばさき・ともか)
1973年大阪府生まれ。『きょうのできごと』で2000年にデビュー。『寝ても覚めても』で第32回野間文芸新人賞、『春の庭』で第151回芥川賞を受賞。その他の著書に『その街の今は』『わたしがいなかった街で』『パノララ』『千の扉』など多数。濱口竜介監督によって映画化された『寝ても覚めても』が9月1日公開。

滝口悠生(たきぐち・ゆうしょう)
1982年東京都生まれ。2011年、「楽器」で新潮新人賞を受賞しデビュー。『愛と人生』で野間文芸新人賞受賞、『死んでいない者』で第154回芥川賞を受賞。その他の著書に『寝相』『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』『茄子の輝き』『高架線』がある。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/7/3(火) 22:00~

2018/8/8(水) 17:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1,500yen + 1 drink order

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ