小林康夫×樋口良澄「戦後の肉体と言葉をどのように語りうるか」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

小林康夫×樋口良澄「戦後の肉体と言葉をどのように語りうるか」

『オペラ戦後文化論1 肉体の暗き運命1945-1970』『鮎川信夫、橋上の詩学』刊行記念

2016/11/4(金) 20:00~2016/11/4(金) 22:00

イベント受付開始時間 2016/11/4(金) 19:30~

B&B

  • 小林康夫×樋口良澄「戦後の肉体と言葉をどのように語りうるか」 イベント画像1

  • 小林康夫×樋口良澄「戦後の肉体と言葉をどのように語りうるか」 イベント画像2

私たちは日々、スマホやパソコンの画面で文字やイメージを見ています。
そんなメディアがなかった時代、文字は手で書かれた、身体を通したものでした。
そして敗戦直後から1970年代くらいまで、生と死はいまよりもっと切実なものとして
身近にありました。
肉体と言葉は、戦後の文化とその作り手たちを考える時、中核的な問題として浮かび上がってきます。

『オペラ戦後文化論』で、小林康夫さんは、坂口安吾、三島由紀夫らの作家、田村隆一、吉本隆明らの詩人、寺山修司、土方巽らの演劇人の仕事を通して、肉体が戦後においてなぜ問われたかを論じます。

『鮎川信夫、橋上の詩学』で、樋口良澄さんは、戦前と戦後をトータルに理解することを、
詩人鮎川信夫と戦後の詩の試みを追いながら論じます。

今回B&Bでは、おふたりの著書刊行を記念してイベントを開催します。

戦後とは何か。それは文化の中でどのように現れ、現在と関っているのか。
肉体と言葉に焦点をあてた徹底討論を、どうぞお楽しみに!

【出演者】
小林康夫 1950年東京生まれ 青山学院大学特任教授 東京大学名誉教授。表象文化論、現代哲学を中心に多くの学術書を刊行する一方、文化や表現や創造の現場を、
新たな視点から論じている。主な著書に、『君自身の哲学へ』、『存在のカタストロフィー』、『表象文化論講義 絵画の冒険』など。

樋口良澄 1955年東京生まれ 関東学院大学客員教授 雑誌・書籍で先端的な編集を企画しつつ、文化のダイナミズムをとらえる批評・実践活動を
続けている。主な著書に『唐十郎論』、『木浦通信』(吉増剛造との共著)など

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2016/8/26(金) 14:00~

2016/11/4(金) 19:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ