今野敏×浜田敬子「警察を小説で描くということ@上智大学」【無料イベント】 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

今野敏×浜田敬子「警察を小説で描くということ@上智大学」【無料イベント】

2017/5/28(日) 14:00~2017/5/28(日) 14:45

イベント受付開始時間 2017/5/28(日) 13:30~

上智大学 1号館105号教室

上智大学在学中に作家デビューを果たし、その後、警察を舞台に作品を発表し続けている作家の今野敏さんは、警察小説の書き手として数々の賞を受賞しています。

そんな今野さんに、「警察を小説で描く」ということについて、同じく上智大学出身の浜田敬子さんがお話をお聞きします。



浜田さんは、現在『BUSINESS INSIDER JAPAN』統括編集長を務めていますが、その前は朝日新聞や雑誌『AERA』を通じて、警察をはじめ、組織で生きる官僚や役人たちの姿を取材してきました。 

警察に取材し、それを伝えるということ……小説と報道でアウトプットこそ違いますが、そこにどのような共通点や違いがあるのでしょうか? 

お二人ならではのトークをお楽しみに!


【出演者プロフィール】
今野敏(こんの・びん)
 
作家。1955年生まれ。上智大学在学中の1978年に「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞を受賞。1979年上智大学文学部文学部新聞学科卒業。レコード会社勤務を経て、執筆に専念する。2006(平成18)年、『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞を、2008年、『果断―隠蔽捜査2―』で山本周五郎賞と日本推理作家協会賞を受賞する。さまざまなタイプのエンターテインメントを手がけているが、警察小説の書き手としての評価も高い。主な著書に「隠蔽捜査」シリーズ、「東京湾臨海署安積班」シリーズ他、『同期』『欠落』『クローズアップ』『精鋭』など著書多数。


浜田敬子(はまだ・けいこ
『BUSINESS INSIDER JAPAN』統括編集長。1966年生まれ。1989年、上智大学法学部国際関係法学科卒業、1989年朝日新聞社入社。14年4月から『AERA』編集長を務める。その後、17年に朝日新聞を退職し、4月より現職。

コメント

予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

【上智大学生・卒業生限定】 予約/席確保

[販売期間] 5/12(金) 10:00~5/27(土) 18:00

無料予定枚数終了

予約/席確保

無料予定枚数終了

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ