赤阪友昭×鶴岡真弓「僕らは、地上を旅する星」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

赤阪友昭×鶴岡真弓「僕らは、地上を旅する星」

映画『銀鏡 SHIROMI』クラウドファンディング特別企画

2018/6/15(金) 20:00~2018/6/15(金) 22:00

イベント受付開始時間 2018/6/15(金) 19:30~

本屋B&B

  • 赤阪友昭×鶴岡真弓「僕らは、地上を旅する星」 イベント画像1

闇が生み出す生命という星。
古代の人々は、なぜ星を命の源と考えたのか?
星とは何か?

私たちの世界には、星が満ちている。ミシュランの三ツ星、ラッキーには星がついてくる。世の中でハッピーなことや極上なことには星がつく。レジェンドはスター。ミック・ジャガーはもちろんロックスター。星が強いっていうことなのだろうか?
星とは何か?動かないと思われている北極星ですら、地球の地軸の傾きが起こす歳差運動によって何千年か毎に別の星へと移り変わっていく。今の北極星はポラリスだが、約1万2千年前の縄文時代にはこと座のベガ(織姫星)だった。やがて、2万6千年という時を経て、北極星は再びこと座のベガへと戻っていく。生命は、移り変わる星々に導かれ宇宙の循環の中にある。


僕らは地上を旅する星。
星はカオスでありながら、秩序の中にある。
死であり、生。
闇であり、光。

生命の循環は星とともにある。
占星術に一喜一憂する私たち。
生年月日は、星からのシリアルナンバー。

ケルトに残されたもの、日本に残されたもの。

ケルト文化の研究者・鶴岡真弓先生と神話を旅する写真家・赤阪友昭によるトークイベントです。


【プロフィール】
・鶴岡真弓(つるおか・まゆみ)
多摩美術大学教授、芸術人類 学研究所所長。
西 はアイルランド、スコットランドから、東はウクライナやシベリアまで「ケルト文明」および「ユーロ=アジア世界」を貫く伝統・民族の「装 飾・デザイン・造形表象」交 流史を調査・研究。主著に『ケルト/装飾的思考』(ちくま学芸文庫)、『装飾する魂』(平凡社)、『阿修羅のジュエリー』(イースト・プ レス)、最新刊に 『ヨーロッパの装飾文様』(東京美術)など多数。

・赤阪友昭(あかさか・ともあき)
1963年大阪生まれ。写真家。雑誌「Switch」や「Coyote」などに写真・文を寄稿。北米海岸の先住民族と過ごした時間を一冊にまとめた写真集『The Myth – 神話の風景から – 』がある。現在は、山に残された原初の信仰や縄文文化の祭祀儀礼を取材し、定期的に東京及び各地にてスライド&トークなど精力的に講演を開催している。震災後は、福島の支援プロジェクトに関わり、被災地のランドスケープの記録撮影を続けている。
http://www.akasakatomoaki.net

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/5/20(日) 07:00~

2018/6/15(金) 17:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ