大西穣×白石美雪「ジョン・ケージとは何者だったのか」 in東京

  1. TOP
  2. 本、ゲーム、アニメ

大西穣×白石美雪「ジョン・ケージとは何者だったのか」

『ジョン・ケージ 作曲家の告白』『すべての音に祝福を ジョン・ケージ50の言葉』(アルテスパブリッシング)W刊行記

2019/10/13(日) 15:00~2019/10/13(日) 17:00

イベント受付開始時間 2019/10/13(日) 14:30~

本屋B&B

  • 大西穣×白石美雪「ジョン・ケージとは何者だったのか」 イベント画像1

  • 大西穣×白石美雪「ジョン・ケージとは何者だったのか」 イベント画像2

この夏、アルテスパブリッシングから、2冊のジョン・ケージに関する本が刊行されました。

1948年と1989年におこなわれた2つの自伝的講演から、ジョン・ケージの創作の歴史を知ることができる大西穣さん訳『ジョン・ケージ 作曲家の告白』。

生涯で残した多くの言葉を集め、そこにこめられた思想のエッセンスを解説した、白石美雪さん著『すべての音に祝福を ジョン・ケージ50の言葉』。

今回のトーク・イベントはこの2冊の刊行を記念して日本を代表するケージ研究者の白石美雪さんと、バークリー音楽大学時代から現在にいたるまで、海外のケージ受容も詳しい大西穣さんの訳者・著者のおふたりにご登壇いただき、世代や国境を超えてわれわれを惹きつけ続けるジョン・ケージの魅力についてあらためて語っていただきます。

みなさま、奮ってご参加ください!

【出演者プロフィール】
大西 穣(おおにし・じょう)
バークリー音楽大学作曲科卒。ニューイングランド音楽院での実験音楽セミナーSICPPに聴講生として参加。ニューヨークのライヴ・ハウスThe
Stoneなどに自己のグループで出演、帰国後はコンポーザー/ピアニストとして活動。佐々木敦と東浩紀が主催するゲンロン批評再生塾に参加し、現在は様々な媒体で執筆をおこなう。

白石美雪(しらいし・みゆき)
東京藝術大学大学院音楽研究科修了。専門は音楽学。ジョン・ケージを出発点に20世紀の音楽を幅広く研究するとともに、批評活動を通じて、現代の創作や日本の音楽状況について考察してきた。近年は明治期から昭和期に至る日本の音楽評論の成立もテーマにしている。著書に『ジョン・ケージ 混沌ではなくアナーキー』(武蔵野美術大学出版局、第20回吉田秀和賞受賞)、共編著に『音楽論』(武蔵野美術大学出版局)、共著に『はじめての音楽史』(音楽之友社)、『武満徹音の河のゆくえ』(平凡社)、『音楽用語の基礎知識』(アルテスパブリッシング)ほか、共訳書にディック・ヒギンズ『インター・メディアの詩学』(国書刊行会)など。『朝日新聞』で音楽会評、『レコード芸術』誌で現代曲の月評をレギュラー執筆。横浜市文化財団主催「ジャスト・コンポーズド」シリーズの選定委員をつとめる。現在、武蔵野美術大学教授、国立音楽大学非常勤講師。

コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2019/8/23(金) 15:00~

2019/10/13(日) 12:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円受付中

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ