松田青子×池辺葵「物語で描く住まいのこと」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

松田青子×池辺葵「物語で描く住まいのこと」

『団地のはなし』(青幻舎)刊行記念

2017/4/6(木) 20:00~2017/4/6(木) 22:00

イベント受付開始時間 2017/4/6(木) 19:30~

本屋B&B

  • 松田青子×池辺葵「物語で描く住まいのこと」 イベント画像1

「東京R不動産」がいま注目している「団地」をテーマに、女性作家/クリエイター8人による、 小説、詩、漫画、エッセイ、インタビューなど8つの物語が収録された『団地のはなし』。 

今回、この本の刊行を記念したトークイベントをB&Bで開催します。 

お迎えするのは、同書の中で短編小説「向かい合わせの二つの部屋」を執筆した松田青子さん。さらに、もうおひとりは、女性の家探しをテーマにした人気漫画『プリンセスメゾン』の作者、池辺葵さん。

 “物語”を通じて女性の住まいを描くおふたりに、今まで暮らしてきた住まいのこと、どのように物語を描き表現しているか、物語で描く住まいについてなど、お話をうかがいます。  

【出演者プロフィール】
松田青子(まつだ・あおこ)

1979年、兵庫県生まれ。2013年、デビュー作『スタッキング可能』(河出書房新社)が三島由紀夫賞、野間文芸新人賞候補に。著書に『英子の森』『ワイルドフラワーの見えない一年』(河出書房新社)、『おばちゃんたちのいるところ』(中央公論新社)、訳書に『狼少女たちの聖ルーシー寮』『レモン畑の吸血鬼』(以上、カレン・ラッセル/河出書房新社)、『はじまりのはじまりのはじまりのおわり』(アヴィ/福音館書店)、エッセイ集『ロマンティックあげない』(新潮社)。 

池辺葵(いけべ・あおい)
2009年、『落陽』でデビュー。その後『繕い裁つ人』(講談社)を連載、2015年に実写映画化。2014年には『どぶがわ』(秋田書店)で第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。その他主な作品に『サウダーデ』(講談社)、『かごめかごめ』(秋田書店)、『雑草たちよ 大志を抱け』(祥伝社)がある。現在は『プリンセスメゾン』(小学館)を連載中、2016年には実写ドラマ化もされた。

コメント

予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円予定枚数終了

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ