エッセンシャル・ダイアローグ・ワークショップ いのちに希望を見いだす対話-形式主義の崩壊した世界に生まれて in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 教室、ワークショップ

エッセンシャル・ダイアローグ・ワークショップ いのちに希望を見いだす対話-形式主義の崩壊した世界に生まれて

2019/11/6(水) 19:00~2019/11/6(水) 21:30

イベント受付開始時間 2019/11/6(水) 18:30~

お茶の水エデュケーションプラザ(EDUPLA)

  • エッセンシャル・ダイアローグ・ワークショップ いのちに希望を見いだす対話-形式主義の崩壊した世界に生まれて イベント画像1


エッセンシャル・ダイアローグ・ワークショップ
いのちに希望を見いだす対話-形式主義の崩壊した世界に生まれて
~311-116ラーニングジャーニー~

次々起こる様々な災害、機能しない既存の組織、役に立たない前例主義、利己的資本主義暴走の予感、隠された情報への不安…。

現在、世界は目に見えない閉塞感に包まれています。それは薄い膜のように私たちの意識に陰を落とし、このままではいけないけれども、何をどう変えていいのかわからない、というもやもやした現実世界を再生産しています。

そこに必要なものは、何かのきっかけ、なのかもしれません。
そしてそのきっかけは、自分のぐるぐる回る思考に頼るだけではなく、
誰か、安心して対話できる場で、肯定ファーストな関係性に包まれた人達と、
本質的な対話ができる場から、生まれてくるのかもしれません。

今回のEMSのイベントでは、「エッセンシャル・ダイアローグ・ワークショップ」と題し『Zoomオンライン革命』の田原真人さん(EMSゼロ期生)がリアル会場からファシリテートします。

まず第一部では、インスピレーショントークとして、田口ランディさん(EMSゼロ期生)、深尾葉子さん、野村恭彦さんに、311後の8年間の学びの旅を語っていただきます。
 
第二部では、私たちとつながっている未来を取り戻すワークを行います。ジョアンナ・メイシーとクリス・ジョンストンは、こうした「つながりを取り戻すワーク」をアクティブ・ホープと呼びました。今回は彼女たちのアイデアにヒントを得て、私たちが、かつて痛みとともに切離したものと繋がり直すことで、希望を見いだしていく対話を行います。このワークは、ジョアンナ・メイシーによって開発され、世界中で行われているものです。世界に存在する3つの物語(1)これまで通り (2)大崩壊 (3)大転換 のどれを選択しているかによって、世界の見え方は大きく変わります。安定した日常の外側と繋がると、私たちは、不安を感じることもありますが、自分のより深い真実と繋がり直すと、希望を持って力強く前進することができます。

私たちそれぞれのラーニングジャーニーを、お互いに共有して学び合い、新しい目で新しい未来への一歩を踏み出していきましょう。

「田原真人です。

 私たちは、日々の経験から学んで教訓を得ています。
 教訓が積み重なって集団の物語を形成していきます。
 物語は、私たちの生き方に影響を与え、
 私たちは、集団の物語を通して、様々な経験を積み重ね、
 物語を強化しています。
 
 その一方で、物語が行き詰まってしまい、
 未来が見えなくなるときもあります。
 そんなときは、自分たちの物語が生まれたプロセスを遡り、
 それぞれの真実に照らして前提を問い直し、
 新しい物語をはじめる必要が出てきます。

 2011年に起った東日本大震災と原発事故から8年7ヶ月が経ちました。
 私たちは、この間に何を学んだのでしょうか。
 どのように成長したのでしょうか。

 いわゆる311によって、私たちの集団の物語に亀裂が入りました。
 2011年までの過去の延長線上の未来が失われて絶望したと同時に、
 亀裂から差し込んだ強烈な光によって希望も生まれました。
 
 311を経験した私たちは、今、どこにいるのでしょうか?
 あのとき、何が壊れたのでしょうか?
 あれから、何が生まれたのでしょうか?
 私たちは、今、何に直面しているのでしょうか?

 私は、震災後に仙台からマレーシアへ移住し、
 今回、EMSゼロ期を共にした田口ランディさんとともに、
 社会変革ファシリテーターのボブ・スティルガーさんらが
 震災後、毎年、実施している福島ラーニングジャーニーを、
 初めて体験してきます。

 その体験を経た田原がファシリテートし、対話をすることで、
 今後、わたしたちの未来が創りたい未来が出現すると考えています。

 ワークショップは、御茶ノ水エデュプラ会場とオンライン参加者を繋いだ
 ハイブリッド環境で行います。

 オンライン参加者も一緒にワークに参加します。
 この場を是非、一緒に過ごしましょう。」

<ファシリテーター>

田原真人

EMSゼロ期生、EMSコミュニティ部部長
与贈工房主宰/Zoom革命代表
国際ファシリテーターズ協会 日本支部理事
「反転授業の研究」代表

早稲田大学理工学研究科博士課程で生命現象の自己組織化について研究後、河合塾の物理講師になり、2005年に物理ネット予備校(フィズヨビ)を立ち上げる。反転授業との出会いをきっかけに、ピラミッド型の社会システムや教育システムに疑問を抱くようになる。自らの学び場を自分で創るために「反転授業の研究」を立ち上げる。そこで対話を通した自己組織化と出会ったことで、学生時代に学んだことを生かせるようになった。オンラインコミュニティに自己組織化が起こり、集合知価値創造価値提供の循環を生み出せるようになった。その体験を分かち合うために自己組織ファシリテーターとしての活動を始める。現在は、完全リモートの生命型組織「与贈工房」で学びや組織のパラダイムシフトに取り組みながら、約400人の仲間とともに「自己組織化する学校」プロジェクトに取り組んでいる。

<インスピレーショントーク>

田口ランディ(Zoom出演)

EMSゼロ期生、EMSエッセンシャル・プロフェッサー
作家・2000年に長編小説「コンセント」で小説家デビュー。「アンテナ」「モザイク」「ゾーンにて」「パピヨン」など著書多数。最新刊は「逆さに吊るされた男」(河出書房新社)地下鉄サリン事件の実行犯との1交流を元に執筆した私小説。noteマガジン「ヌー!」を発行中。

深尾葉子(会場出演)

大阪大学経済研究科グローバル・マネージメントコース准教授。著書『現代中国の底流ー痛みの中の近代化』『黄土高原の村―音・空間・社会』『「満州」の成立―森林の消尽と近代空間の形成』『日本の社会を埋め尽くすカエル男の末路』『日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体』など多数。業書 魂の脱植民地化シリーズは、現代社会の病理の起点に鋭く切り込んでいる。

野村 恭彦(会場出演)

Slow Innovation株式会社 代表取締役
金沢工業大学(K.I.T.虎ノ門大学院)イノベーションマネジメント研究科 教授。博士(工学)。国際大学GLOCOM 主幹研究員、日本ナレッジ・マネジメント学会 理事、日本ファシリテーション協会フェロー、社団法人渋谷未来デザイン フューチャーデザイナー。

慶應義塾大学修了後、富士ゼロックス株式会社入社。同社の「ドキュメントからナレッジへ」の事業変革ビジョンづくりを経て、2000年に新規ナレッジサービス事業KDIを立ち上げ。2012年6月、企業、行政、NPOを横断する社会イノベーションをけん引するため、株式会社フューチャーセッションズを創設。2016年度より、渋谷区に関わる企業・行政・NPO横断のイノベーションプロジェクトである「渋谷をつなげる30人」をスタート。2019年10月1日、地域から市民協働イノベーションを起こすための社会変革活動に集中するため、Slow Innovation株式会社を設立。

著書に「イノベーション・ファシリテーター」「フューチャーセンターをつくろう」「裏方ほどおいしい仕事はない」(ともにプレジデント社)、「サラサラの組織」(共著、ダイヤモンド社)。監訳に、「シナリオ・プランニング――未来を描き、創造する」、「発想を事業化するイノベーション・ツールキット」、「未来が見えなくなったとき、僕たちは何を語ればいいのだろう──震災後日本の「コミュニティ再生」への挑戦」(ともに英治出版)、「ゲームストーミング」、「コネクト」(ともにオライリージャパン)、「コミュニティ・オブ・プラクティス」(翔泳社)などがある。

<イベント情報>

2019年11月6日(水)19:00-21:30

開場18:30(Zoom/会場)
*Zoom参加の方で、操作方法が不安な方は早めにお入りください。

会場参加:お茶の水エデュケーションプラザ(EDUPLA)
      (東京都千代田区神田駿河台4-6ソラシティアカデミア 5F)
Zoom参加:URLは申込者にお知らせ致します。

参加費:一般 5,000円/EMS Fellow、2期生、その紹介者 3,000円

主催:Essential Management School , 与贈工房
後援:株式会社コーチングバンク


★留意事項★

Zoom参加者のみなさまへ
・事前準備として、PCまたはタブレットなどをご用意の上、「zoomの操作方法・マニュアル」をご覧ください。
- クイックマニュアル(PCユーザー用)
https://zoom-japan.net/manual/pc/
- クイックマニュアル(iPad、iPhone、Androidユーザー用)
https://zoom-japan.net/manual/ipad/
・当日入っていただくzoomのURLは、前日11月5日中までにPass Marketのアドレス(passmarket-master@mail.yahoo.co.jp)から、Pass Marketチケット購入のお申込みに使われたみなさまのメールアドレスにご連絡しますので、ご確認をお願いいたします。確認できなかった場合はcontact-mail@essential-management.jp までお問い合わせください。

お支払い・キャンセル
・本Pass Market上のクレジットカード決済でお願いいたします(クレジットカード決済対応が難しい場合コンビニ決済でもお支払いが可能ですが、その場合、皆様にコンビニ決済に伴う振込手数料をご負担いただくことになります。できる限りカード決済でお願いできますと幸いです)。
・お支払いをもってお申込完了といたします。
・チケットをお申し込みいただく際、Yahooアカウントをお持ちでない方は「ログインせずに申し込む」をお選びください。

会場当日の受付
・チケット申し込み時に届いている購入完了メールに、チケットを表示するためのリンクが記載されていますので、受付時にご提示ください。
送信元:passmarket-master@mail.yahoo.co.jp
タイトル:[PassMarket]エッセンシャル・ダイアローグ・ワークショップ いのちに希望を見いだす対話-形式主義の崩壊した世界に生まれて のお申込み購入完了メール
チケット:メール本文の「チケットは以下よりご確認いただけます。」の下に記載されているURLをクリックすると表示されます。


ご不明な点がございましたら、いつでもお問い合わせくださいませ。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
お問い合わせ先:
contact-mail@essential-management.jp










コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2019/10/17(木) 10:00~

2019/11/6(水) 18:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

11/6(水)Zoom参加(EMS Fellow/2期生)

3,000円

11/6(水)Zoom参加(EMS Fellowからの紹介者/2期生からの紹介者)

3,000円

11/6(水)Zoom参加(一般)

5,000円

11/6(水)Zoom参加(登壇者・与贈工房スタッフ・与贈工房関係者からの紹介者)

3,000円

11/6(水)会場参加(EMS Fellow/2期生)

3,000円

11/6(水)会場参加(EMS Fellowからの紹介者/2期生からの紹介者)

3,000円

11/6(水)会場参加(一般)

5,000円

11/6(水)会場参加(登壇者・与贈工房スタッフ・与贈工房関係者からの紹介者)

3,000円

お支払い方法

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

contact-mail@essential-management.jp

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ