「The SDGs Report 2021」目標5:ジェンダー平等の実現【英語で学ぶ大人の社会科】第42回@オンライン

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 教室、ワークショップ

「The SDGs Report 2021」目標5:ジェンダー平等の実現【英語で学ぶ大人の社会科】第42回@オンライン

SDGsの目標5:ジェンダー平等を実現しよう」に向けて英語で議論。

2022/6/5(日) 20:00~2022/6/5(日) 21:30

  • 「The SDGs Report 2021」目標5:ジェンダー平等の実現【英語で学ぶ大人の社会科】第42回@オンライン イベント画像1

  • 「The SDGs Report 2021」目標5:ジェンダー平等の実現【英語で学ぶ大人の社会科】第42回@オンライン イベント画像2

2022年6月の「英語で学ぶ大人の社会科:世界の知性が語る現代社会」のワークショップのお知らせです。「The SDGs Report 2021」の「目標5:ジェンダー平等を実現しよう」について、再度英語で議論します。

2022年6月5日(日)夜20時@オンラインで開催するワークショップは、国連が発行した「The SDGs Report 2021」をもとに、世界の政治・経済分野で大きな注目を集める「ジェンダー平等」について、英語で議論します。チケットの申し込みはこのYahooチケットサイトから,、または銀行振り込みでお願いします。

【チケット】

「The SDGs Report 2021」(5)目標5:ジェンダー平等を実現しよう【英語で学ぶ大人の社会科】第42回 6/5(日)20時@オンライン

【銀行振込での申し込み】

振込用紙は以下のサイトからダウンロードお願いいたします。

【ワークショップ】

6/4(土)「SDGs英語ニュースについて語ろう」では経済における女性のリーダーシップについて議論します。これと併せて、パンデミックを経て、改めて見直されつつある、「女性と経済」の問題について「The SDGs Report 2021」をもとに英語で議論します。
コロナ、そしてロシア・ウクライナ紛争など世界で危機が続く中、改めて女性の政治・経済におけるリーダーシップが注目されています。

また「新しい資本主義」の考え方のもと、企業統治における女性の役割の見直しが進められ、「ケア・エコノミー」という新たな概念が政策に取り入れられるようになりました。今週の週刊文春「欧州リーダーは天井知らず ヨーロッパ10名の女性首相の素顔」(有料)で)でも紹介されていますが、欧州では女性議員のクォーター制度をきっかけとして女性の首相が続々登場しています。日本でも「女性大臣の日」があるそうですが、以下の記事は世界の女性リーダーたちのプロフィールを紹介しています。

「7月19日は、日本で初めて女性大臣が誕生したことを記念した「女性大臣の日」。1960年のこの日、当時の池田勇人内閣で、中山マサ衆議院議員が厚生大臣として初入閣した」

7月19日は「女性大臣の日」!いま世界で輝く、注目すべき15人

一方、経営の領域でも欧州各国の大半の上位企業は「30%クラブ」の導入により、女性役員を3割以上にするという目標を既に達成しています。現在は、この比率を4-5割へ、さらに、その国で社会の少数派にあたる人種の役員も指名することが義務付けられるようになっているそうです。一方、「日本企業の役員に占める女性割合は10.7%であり、G7の中では最下位」という状況が続いています。本日、出席した日本の企業統治に関するセミナーでも、企業内の多様性の欠如がわが国でイノベーションが生まれにくい原因だとも指摘されていました。

今週の男女共同参画に関するデータ 第35回(令和4年5⽉27⽇掲載)

SDGsの「目標5:ジェンダー平等を実現しよう」は、このようなジェンダーを理由とした差別による社会の停滞、搾取、不公正の問題を解決するための国連の取り組みです。今回の「英語で学ぶ大人の社会科」はこのテーマについて、以下の報告書の資料を使い、英語で議論します。

「The SDGs Report 2021」Goal 5: Gender Equality
Achieve gender equality and empower all women and girls


今後は、月1-2回、このシリーズの枠内でSDGsの17の目標について2021年時点で「2030アジェンダ」に向けての進捗状況を検証します。

このワークショップの設問は参加申し込み者、サロン会員、有料ニュースレター購読者及び後日発表するnote記事購入者にのみ送付します。過去のワークショップと同様の設問を設定しますので、以下のマガジンの2020年4&5月の記事(設問を公開しています)を参考にしてください。

【英語で学ぶ大人の社会科】世界の知性が語る現代社会

このワークショップに関心のある方は以下のニュースレターに登録していただくと案内が届きます。

【英語で学ぶ現代社会】を無料ニュースレター@Revueで購読しませんか?

定員: 10名


【詳細】

参加費は800~2,350円です。サロン・ゴールド会員の割引他、回数券もご用意しています。6カ月の新規サロン会員権の購入(更新も含む)の方の初回参加費は無料です。

申し込み後(開催日前日)、メールにてビデオ・リンクもしくは招待状を送ります。オンラインでは、通信上の問題が発生する場合がありますが、不具合の場合、次回無料で参加できます。キャンセルの場合も次回への振り替えになります。

申し込みはYahooチケットの他、銀行振り込み/事務所にて支払いでも可能です。初回のみ申込用紙を以下のサイトからダウンロードして振り込みをお願いします。一度設定すると後は申込書無しで銀行振込+電子メールで参加日の連絡を頂くだけで申し込みが可能になります。

https://www.global-agenda-21c.com/contact

【場所】 オンライン

オンライン(インターネット接続+マイク付きイヤホン+PCもしくはタブレットorスマホを準備願います)。Gmailをご用意ください。

ワークショップは気軽に使えるGoogle Meetを使って英語での議論に取り組みたいと思います。グローバルな政治や経済に関するテーマですが、大変興味深い内容ですので、ドリンク片手に気軽にご参加ください。参加費は初回は特別価格です!

1)メインでは以下の二つのオンライン会議システムを使います。

Google Meet(Gmailとリンクしています)

https://support.google.com/meet/answer/9302870?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

【ビデオ会議システム】Google Meet

ビデオ会議の利用にはGMailアカウント及びマイク付きイヤホン(携帯電話購入時に付属品として付いています)、PC又はタブレット・スマートフォンなどが必要になります。使い方はGoogle Hangoutと同じですが、PC以外だとアプリのダウンロードが必要な場合がありますので、事前に動作の確認をお願いします。またGoogleカレンダーもダウンロードしておくと便利です。

申込を受けるとGoogleカレンダーに招待状を送りますので、そちらにアクセスして、予定上のGoogle Meet に参加するをクリックし、マイク・カメラを設定しておいてください。使い方は以下のサイトを参照してください。

ビデオ会議ツール「Google Meet」の利用方法
https://www.lifehacker.jp/2020/05/212607you-can-now-use-google-meet-to-host-free-video-conferen.html

オンライン・サロン& noteゴールド会員について

現在、オンライン・サロン「朝英語の会@京阪神~The Japan Times 紙記事について議論する~」とnoteサークル「英語で学ぶ大人の社会科」の会員を募集しています。サロン会員とゴールド会員は全てのワークショップに割引価格で参加できます。

【オンラインサロン朝英語の会@京阪神】
「朝英語の会@京阪神~The Japan Times紙記事について議論する」を始めました。京都・大阪・神戸で開催される「朝英語の会@京阪神」共通のサロンです。詳細に関しては以下のリンクを参照してください。
【HP】https://globalagenda.wixsite.com/morningenglish

【英語で学ぶ大人の社会科】
noteのサークルを始めました。もっと社会問題について学びたい、英語のスキルを進化させたいという方のための一石二鳥、欲張りなサークルの立ち上げを目指しています。ワークショップだけでなく「大人のための社会見学」も計画中!メンバー募集中です。

【英語で学ぶ大人の社会科】サークル
https://note.com/globalagenda/circle

チケット販売期間外です

販売
期間

2022/5/27(金) 20:00~

2022/6/5(日) 17:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

サロン・ゴールド会員

1,900円

一般

2,350円

初回参加者

800円

回数券(3枚)

6,300円

見学のみ

800円

販売条件

【キャンセルポリシー】返金はありません。キャンセルされた場合、次回のワークショップに振り替え、または手数料などを除いた実費のバウチャーをお渡しします。

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

its.globaleducation@gmail.com

電話番号

050-5899-5753

9:00~21:00

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2022 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ