畑中章宏「連続レクチャー 宮本常一『忘れられた日本人』再読」第2回〈語ることの力〉 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

畑中章宏「連続レクチャー 宮本常一『忘れられた日本人』再読」第2回〈語ることの力〉

2019/12/3(火) 20:00~2019/12/3(火) 22:00

イベント受付開始時間 2019/12/3(火) 19:30~

本屋B&B

  • 畑中章宏「連続レクチャー 宮本常一『忘れられた日本人』再読」第2回〈語ることの力〉 イベント画像1

  • 畑中章宏「連続レクチャー 宮本常一『忘れられた日本人』再読」第2回〈語ることの力〉 イベント画像2

前回好評をいただいた宮本常一著『忘れられた日本人』を読み解く連続レクチャーの第2回を開催します。

今回は、『忘れられた日本人』のなかでも最もよく知られる「土佐源氏」をはじめ、「土佐寺川夜話」「梶田富五郎翁」「私の祖父」を読みながら、無名の民衆が語り始めるとは、いったいどんな意味を持つのかについて、民俗学者の畑中章宏さんと考えていきます。

「土佐源氏」は高知県の山間部、檮原村の橋の下に住む、盲目の馬喰(牛馬の仲買商人)の一人語りです。名も知られない一人の男が振り返る数奇な人生、なかでも女性との交渉にまつわる活き活きとした証言は、多くの人々の感情を揺さぶってきました。

この短編は最初、宮本常一が編集者として名を連ねた『日本残酷物語』(平凡社刊・全7巻・1959~61年)に、「土佐檮原の乞食」と題して発表されました。『日本残酷物語』自体が、大きな歴史から見過ごされてきた“生活誌”を束ねたシリーズだったのです。

『日本残酷物語』には宮本の『忘れられた日本人』と並ぶ“語りの名作”、石牟礼道子の『苦海浄土』の原型も収録されています。

名もなき民衆はなぜ語り始めたのか? 庶民の“饒舌”になぜ光が当てられるようになったのか?  21世紀における「ナラティブ」とは? といった問題について一緒に考えましょう。

既読の方も、未読の方も、第1回にご参加いただけなかった方もぜひお越しください!


第3回〈伝承の方法〉(予定) 2020年2月4日(火)

 
【出演者プロフィール】
畑中章宏(はたなか・あきひろ)
民俗学者。『災害と妖怪』 (亜紀書房)、『ごん狐はなぜ撃ち殺されたのか』『蚕』(晶文社)、『『日本残酷物語』を読む』(平凡社新書)、『天災と日本人』(ちくま新書)、『21世紀の民俗学』(KADOKAWA)、『死者の民主主義』(トランスビュー)など著作多数  

【重要なお知らせ】
10月1日からの消費税率の引き上げに伴い、チケット価格を変更いたします。

9月30日までにチケット購入の場合…
前売1500円+ドリンク500円(共に税込)2000円
当日2000円+ドリンク500円(共に税込)2500円

10月1日以降にチケット購入の場合…
前売1500円+ドリンク500円(共に税別)2200円
当日2000円+ドリンク500円(共に税別)2750円

くわしくはこちらのページをご覧ください。

10月1日0時より自動的に価格が切り替わりますので、
ご参加のお客さまはお早めにお申し込みください。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2019/10/21(月) 20:00~

2019/12/3(火) 17:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

前売1500円+ドリンク500円(共に税別)

2,200円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ