三宅隆太×古川耕×トミヤマユキコ「プレゼンは対話である〜人に想いを伝えるプレゼン術〜」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

三宅隆太×古川耕×トミヤマユキコ「プレゼンは対話である〜人に想いを伝えるプレゼン術〜」

『スクリプトドクターのプレゼンテーション術』刊行記念

2017/11/5(日) 15:00~2017/11/5(日) 17:00

イベント受付開始時間 2017/11/5(日) 14:30~

B&B

  • 三宅隆太×古川耕×トミヤマユキコ「プレゼンは対話である〜人に想いを伝えるプレゼン術〜」 イベント画像1

三宅隆太さんの最新刊『スクリプトドクターのプレゼンテーション術』が、1127日に発売されます。




本書は、脚本家、映画監督、スクリプトドクター、心理カウンセラーの三宅さんが、TBSラジオの人気番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』で披露してきたプレゼンの経験をもとに、「人に想いを伝える」という行為の本質を語り尽くした一冊。


2017430日の日曜日。B&Bにて、午後2時から、およそ3時間にわたって開催されたイベントの全容を、書籍用に再編集したものでもあります。





・聴き手をジャガイモと思い込んではいけません


・プレゼンとは人数に関係なく「対話」である


・ポップスの「転調」にヒントを得て


・自分を疑うことで「他人の眼差し」に近づいていく


・怒っているように見えるひとは実は傷ついている


・空気を読もうとすると自分の役割を見失う


・あなたの資質は「グランプリ」なのか「審査員特別賞」なのか? 





など、マーケティングや資料作りの話にはいっさい触れず、他者との対話やコミュニケーションのとりかたについても掘り下げた「本質的なプレゼン術」が展開します!




今回B&Bでは、『スクリプトドクターのプレゼンテーション術』刊行を記念してイベントを開催します。


ゲストにお迎えするのは、


『タマフル』の構成作家であり、本書の企画・監修にも関わられた古川耕さんと、『タマフル』仲間であり、ライター・早稲田大学文化構想学部助教のトミヤマユキコさん。





3人による、”プレゼン”についてのお話を、どうぞお楽しみに!!




出演


三宅隆太(脚本家・映画監督・スクリプトドクター・心理カウンセラー)


古川耕(構成作家)


トミヤマユキコ(ライター・早稲田大学文化構想学部助教)




日時


115日(日)15時~17

コメント

予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

1500 ticket + 500 drink

2,000円

予定枚数終了

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


▲このページのトップへ